【100円ショップ】シリコンリモコンカバーを購入して試してみた


ダイソー、キャンドゥ、ワッツにありました。セリアとかにもあるそうなので、どこでも売ってるんじゃないかなぁと思います。外から見た感じではどれも似たような感じには見えました。今回は、ワッツさんのを購入して試してみました。大きさもいろいろあるので、多くのリモコンで使えそうです。

購入する前に、リモコンの大きさを計測していったほうが良いです。

シリコンリモコンカバーの種類

どの店のものも、パッケージは違うけど同じっぽいです。対応している大きさも同じ感じです。

ダイソー

L : 210~250mmx50~60mm
M : 180~235mmx45~55mm
S : 140~180mmx45~55mm

キャンドゥ

L : 210~250mmx50~60mm
M : 180~235mmx45~55mm
S : 140~180mmx45~55mm

ワッツ

L : 210~250mmx50~60mm
M : 180~235mmx45~55mm

Sサイズは見かけませんでした。

購入してみた

結局、ワッツさんで小さいほう(Mサイズ)を購入しました。


裏面はこんな感じになっています。パッケージからは裏面はわかりませんが、パッケージの裏の説明のところに形状がかいてあるのでそこで確認すればOKです。ほかの店のもにたような形状だった記憶があります。

実際にリモコンに装着してみる


取り付け方は裏面に書かれていて、この通り行えばよいかと思います。シリコンゴムで伸びるので端から伸ばして装着していけばOkです。

SONYの学習リモコン

伸ばして取り付けると書かれてるように、意外と元は小さいんですね。


SONYの学習リモコンに取り付けたところ。写真よりかは実際の見た目は透明感があって、なかなかいい感じです。ただ側面の筋?みたいなのがきっちり合わせられないです。遠めにみると気にならないけど、潔癖だと気になるかも。


裏面はこんな感じ。リモコンカバーはそのままで、電池交換可能でした。

IODATAのリモコン

次は、IODATAのリモコンに装着してみました。電池ボックスのところだけ膨らんでいる形のリモコンです。


ネットで検索したときに、リモコンの尖った角からリモコンカバーが破れてきたとかを見つけたので、装着前に角に養生テープを貼ってみました。


前回と同じように装着します。写真ではそんなに悪く見えませんが、黒いリモコンにこの乳白色のリモコンカバーは個人的には微妙かなぁと思います。実際にはもっと乳白色に見えます。


裏側はこんな感じ。電池ボックスのところだけ膨らんでいても大丈夫でした。


電池交換もリモコンカバーを取り外す必要はなくて、すこしずらせば、電池交換できます。

使った感じ

・リモコンボタンは、小さいものも含めて問題ない感じ
・電池交換も問題ない




リモコンラップ


写真はワッツです。ダイソー、キャンドゥにもありました。

黒いリモコンにこの乳白色のリモコンカバーが機能的には問題ないんだけど、見た目が微妙なので、ラップのようがよいかもと少し思いました。ただ、電池交換するときにラップを貼り変えないとダメなので、そこが購入する気になれなかったんですけどね。

一応ネットで、電池交換時に貼り変えなくてもよい方法を調べてみたんだけど、無いみたいだし・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。