【Armbian】WPS Office を導入して、日本語化

WPS Officeのインストール

https://www.wps.cn/product/wpslinux/

WPS OfficeのARM版が中国サイトにしかないようで、そこからダウンロードしました。インストールすると、英語表記でした。言語切り替えで中国語にもできるようです。

deb形式のARM版をダウンロードしてください。

sudo apt install [debファイル名]

ダウンロードしたファイルをダブルクリックではインストールできなかったので、上記のコマンドでインストールしました。

日本語化

sudo apt install p7zip-full

7z形式のファイルを扱うために、上記をインストール。

https://aur.archlinux.org/packages/wps-office-mui-ja-jp/

上記サイトから、「ja_JP.7z」をダウンロード。これが日本語の言語ファイルのようです。

~/.local/share/Kingsoft/office6/

に、「mui」というフォルダを作成してください。

ダウンロードしたファイル「ja_JP.7z」をダブルクリックすると、xarchiverが立ち上がるので、このアプリでファイルを展開(解凍)します。

~/.local/share/Kingsoft/office6/mui/ に上記のようになるように展開(解凍)してください。この場所にファイルを展開するだけで、日本語化できます。不具合がある場合は、このフォルダーを削除すれば、元に戻ります。

表示確認

Office テンプレート - Microsoft Office のテンプレート - 楽しもう Office

MSの公式サイトでいろいろ配布されてるので、表示確認とかにも使えるかと思います。

動画での説明

日本語化すると、アプリを立ち上げるのが難しいので、事前に空のファイルを作成しておくとよいかと思います。空のファイルをショートカットのようにしてアプリを起動させます。そのあたりは、動画の操作を見てもらえばわかるかと思います。

それ以外は、特に問題なく使えそうです。

あまり需要がなさそうなので、記事ではいろいろ省きました。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。