容量固定(Fixed)のVHDを縮小する

仮想ディスク(VHD)を容量固定で作ったが、それを縮小したいときの方法。また、同じような手順で、容量固定(Fixed)から容量可変に変更することも可能です。

VHDの縮小

まず、Windows7が提供するディスクの管理でボリュームの縮小を行います。実行した結果、このように未割り当ての領域ができます。この未割り当ての領域分だけVHDを縮小することが可能になります。


VhdResizを使います。変換元のVHDと変換後のVHDを指定します。赤い枠で囲ったサイズまで縮小が可能です。容量を指定すると実行です。また、このときにTypeを変更することも可能ですので、容量固定から容量可変にもできます。

参考:仮想ディスク(VHD)のディスク・サイズを縮小する - @IT

追記:2015/10/02
Files: VHD Resizer - wayback.archive.org

インターネットアーカイブから入手可能です。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。