ワイヤレスキーボード BSKBW04 アイソレーションキーボード



Amazonのレビューの評価が良くない

バッファローコクヨサプライ BUFFALO 無線キーボード 2.4GHz USB接続 独立キー ブラック マウスセット BSKBW04BK
バッファローコクヨサプライ 無線キーボード 2.4GHz USB接続 独立キー ホワイト マウスセット BSKBW04WH

見てのとおりAmazonのレビューもあまりよくなく、またネットでのレビューもよくないので買うのを迷ったのですが、「アイソレーションキーボード」の見た目のカッコよさは捨てがたいものがあったので買いました。


私のワイヤレスキーボードの選択基準

1.キー配置がおかしくない。
右[SHIFT]の近くのキー配置(_{}など)、10テンキー、矢印キー
#キー配置だけは、私の場合慣れることができないから
2.2.4GHz
3.横幅
4.単3乾電池

あとはたいていは慣れるので私の場合は問題ないことが多いです。以前は10キー付きコンパクトキーボードで横幅が40㎝だったんです。でも最近はそういうキー配置が流行ではないようで見つかりませんでした(妥協)。あと単3充電池でそろえてるので単4は避けたかったのですが、単4の充電池を100円ショップで買えば良いだけということで妥協しました。


実際に使用した感じでは

私は白を頼んだのですが、やっぱりきれいです。キーストロークは浅めで打ちやすいです。またキーピッチは同じはずなのにアイソレーションキーボードということで横が広く感じてこれまた打ちやすいです。キーボードを打つ音ですが、これはそれなりにしますが、うち慣れてくると音は小さくなってきました。入力文字が落ちるとか反応しないとかはないです。前のキーボードより、小さい力でサクサク打てます。

次にマウスですが、最初は反応がおかしいような感じでした。動かすと、カーソルが飛ぶような感じで反応が微妙でした。さすがにこれでは製品として成立しないだろうということでマウスの設定を見直してみました。


マウスの設定方法など

Windows7のマウスの設定で、「ポインターの精度を高める(E)」のチェックを外したら反応が良くなりました。ここの記事によると、加速機能を有効にするもののようです。確かに、マウスを左右に速めに動かすとマウスカーソルが飛ぶなぁと思ったのでこの設定が良くなかったようです。

マウスは、BSMLW07BKと同等品のはずですので結構お買い得な商品だと思います。

マウスの反応に関して

エレコム EU RoHS指令準拠 USB 光学式マウス コンパクトサイズ/簡易パッケージ(ホワイト) M-M1URWH/RS

動画に出てきた比較用のUSBマウスはこれです。Amazonで送料込みで500円で入手可能です。小さくて使いやすいマウスです。残念ながらこちらのほうがマウスの反応はいいです。ワイヤレスと比較するのは厳しいとは思います。

以前使ってたのは、動画に映っているロジテックの27MHzのワイヤレスキーボード&マウスです。調子が悪いと文字落ちとかしてたので、24GMhzのワイヤレスにしたかったのです。


マウスのボタンに割り当てられてる機能を変えたい

BSMOW07のドライバーが使えました。B4とB5の位置は逆でしたが、設定を変えることができました。もちろんメーカ保証外、自己責任で!!

キートップも簡単に外れる

ピンセントではずしました。結構簡単にはずれますね。


その後の話

追記:2012/01/31
マウスが認識しなくなたときは、以下を試してみてください。
BUFFALO(バッファロー)の無線マウスが認識しない場合
キーの印字は、一部はげました。あと、電池の持ちも非常に悪い

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。