非独自ドメインのBlogger(blogspot.com)から独自ドメインのWordPressヘのリダイレクトの仕方

Blogger WordPress

独自ドメインを使用していないBloggerの人の引っ越しの参考になればと思います。

Blogger 301 Redirectプラグイン

WordPress › Blogger 301 Redirect « WordPress Plugins

Wordpressのプラグインに便利なものがあり、上記のものを使うと簡単に301リダイレクトできます。
ホーム(トップページ)だけリダイレクトしないで、個別記事だけリダイレクトするとかそういう設定も可能です。

このプラグンだけで、
http://blog.blogspot.com/2013/04/blog-post_19.html
から
http://blog.example.com/2013/04/blog-post_19.html
に転送することは可能です。

ここで実際のブログ記事のURLが
http://blog.example.com/xxxx-wp-aaaa/
になる場合は、

Redirectionプラグイン」を使うか、.htaccessを使用して再度301リダイレクト(転送)すればOKかと思います。

実際に、.htaccessをつかって再度リダイレクトする方式を使ってみましたが、問題なく転送されました。

Blogger 301 Redirectの使い方


プラグインの設定のところは、こんな感じでチェックしてください。
404のところなのですが、動作確認が終わるまでは最低でもチェックしておいたほうがよいです。

転送されて、記事が無いときに404になると、分かりやすいと思うので・・・。


次に、リダイレクトさせるために、Bloggerのテンプレートのほうを書き換えます。
設定の下に、Blogger用のテンプレートがテキストエリアに表示されているので、これをBlogger側に取り込んでください。

一度ファイルにして、そのファイルを「テンプレート」->「バックアップ/復元」で取り込むのが簡単だとおもうけど、まあお好きな方法で取り込んでください。

■参考
Blogger 301 Redirect Plugin for WordPress


原理を少し見ると

<meta expr:content='"0;url=http://blog.example.com/?br=" + data:blog.url' http-equiv='refresh'/>
Bloggerのテンプレート側に上記の用に書かれています。

http://blog.example.com/?br=元記事のURL

みたいな感じで、metaタグでリダイレクトかけてるようです。
その後、Wordpress側にURLが来た後に、元記事のURLのパラメータをみて、リダイレクト処理しているという感じですね。

原理はほかのブログでもつかえると思うので、原理だけ使うなり、プラグンとセットでつかうなりすればよいかと思います。

FC2ブログとか、Seesaaブログとかでも、Bloggerのテンプレートと同じことをするものを作成すれば、この「Blogger 301 Redirectプラグイン」が使えるかと思います。

ほか、参考になりそうな情報

プラグイン使用しない方法
がんちゃんのブログ: Blogger(blogspot.com)をよそへリダイレクトする方法

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク