EaseUS Todo Backup Freeで、SSDのクローンを作成【2022年2月】

  • 投稿 : 2022-02-18
自己責任で!!

BitLockerの解除

クローン元のHDDが、暗号化されてるかどうかをまずは調べてください。最近のWindowsPCでは標準で暗号化されてるようです。

ディスクの管理で「BitLockerで暗号化済み」と表示されてたら、暗号化されてますので、複製前に解除しておいたほうが良いと思います。

暗号化解除は、Windowsの設定のところで可能です。暗号化解除は結構時間がかかります。

もちろん、再度、暗号化することも可能です。

SSDのクローンを作成

EaseUS Todo Backup Free

EaseUS Todo Backup の無料版ですが、最新のものは、クローン機能にロック(鍵)がかかっていて、使えません。お金を払って、ロックを外すと使えるようになってるようです。

このアプリを使えること前提でSSDを購入してしまったので、困ったことになりました。事前調べは大事ですね。

https://easeus-todo-backup-free.jp.uptodown.com/windows

仕方がないので、メーカー非公式なところから、過去バージョンの12.0をダウンロードして使うことにしました。

SSDの製品によっては、無料のSSDクローンアプリが付属してるものがあるみたいなので、そういうのを買えばよかったかもしれません。

SSDのクローンを作成

EaseUS Todo Backup Free 12.0をインストールして、SSDのクローンを作成します。

メニューの「クローン」アイコンをクリック

ソース(クローン元)を指定します。今回は、HDD(500GB)を指定しました。

ターゲット(クローン先)を指定します。購入したSSD(256GB)を指定します。

高度なオプションで、「SSDに最適化」をチェックします。

実行ボタン押下で、クローン作業が始まります。

HDD(使用容量70GB)で、20分ぐらいかかりました

作成完了

HDD 500GB => SSD 256GB

こんな感じで複製ができました。

複製したSSDのWindows10がちゃんと起動して、アプリとかも動作してるので、問題なさそうに思います。

動画での説明

参考

ASCII.jp:Windowsを起動したままでOK! HDDからSSDに換装して爆速化 (1/2)

EaseUS Todo Backup Freeなんですが、Windows10を起動したままで、Windows起動HDDをSSDにクローン(複製)することが可能です。

スポンサーリンク
タグ#Windows