アンチウイルスソフトの設定でWindows7の起動を高速化

どのアンチウイルスソフトも検索対象から外すという設定があると思います。チェックをしないファイルを指定することにより、Windows7の起動後に一時固まるなどの現象を抑えることが可能です。

WindowsUpdate関係の管理ファイルを検索対象から外すと私の場合は安定しました。avastの場合は、上部にある設定というところから設定できます。

そこから、「検査から除外」を選択して、除外したいファイルやフォルダーを指定します。私の場合は、以下のように設定しました。

C:\Windows\\SoftwareDistribution\Datastore\DataStore.edb
C:\Windows\\SoftwareDistribution\Datastore\Logsedb*.log

設定は以下のURLを参考にしました。
http://support.microsoft.com/kb/958048/ja

だめもとで試してみる価値はあるかも

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。