xrea・coreserverで所有者がapacheのディレクトリ(フォルダ)・ファイルの削除の仕方

xreaで、PHPなどを動作させたときに所有者がapacheのディレクトリやファイルができて、削除などができなくなって困ることがあります。

こういう場合を想定されてるようで、xreaでツールが用意されています。管理画面のツール→ファイルの所有者の変更でボタンを押下します。そうすると数分で所有者がapacheのものがすべてあなたのユーザーIDに書き換わります。所有者が変更できれば、削除などはいつも通りに可能になります。

私が試したときは、ほぼ即時に変更されました。私が調べる限りでは、coreserverでもほぼ同様のようです。

xreaの場合、PHP がモジュール版・セーフモード(SAFE MODE)環境で動くようになっているので、WordPressなどから自動生成されるディレクトリとファイルの所有者が「apache」になります。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。