紙copi Lite + DropBoxでEvernote風のWebクリップを実現?!

追記:2015/07/30
SugarSyncの無料サービスが終了したので、Dropboxをお勧めします。

紙copi Lite + SugarSync

EvernoteでWebクリップと同じことが、Dropboxを使ってできないだろうか?と思って試してみました。

■Dropbox(ネットワークストレージ)
http://db.tt/rhLIXGg
※紹介用リンクです。あなたと私にぞれぞれ500MB追加(専用クライアントのインストール必要)

■紙copi Lite
ダウンロードノード先:紙copi Lite (vector)

紙copi Lite でWebClip

紙copi Liteは初期設定のままでインストールしてください。

1.ブックマーク(WebClip)する。
ブラウザで、右クリックするとメニューが出てくるのでそこで、紙copi関係のものを選んでください。
選択している場合は、「選択箇所の文字(テキスト)」「選択した箇所」を取り込むのどちらかを選びます。選択しない場合は、表示しているページ丸ごとクリップされます。

どこに保存するかを指定します。ある一定時間選択しないと、デフォルトに勝手に保存されますので、Webクリップを連続してする場合は便利です。


2.検索や参照を行う
紙copi Liteを立ち上げてください、そのソフトで検索などが可能です。
WEBページのイメージのままクリップしたものと、テキストだけをクリップしたものです。保存先のフォルダーをみると、前者はHTMLファイルだけでなくて、CSSファイル、画像ファイルなども保存されていました。

検索なども自由に行えます。


3.ネットワークドライブを使って共有
設定で、保存するフォルダを指定するところがあります。ここをDropboxの同期フォルダーにすれば、Dropboxでテータが自動的に保存できます。また当然、ほかの端末とも共有も可能です。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。