iPhone、iPod touchを100円ショップの電池BOXで充電する

USB充電用電池BOX

・USB充電用電池BOX
・充電・転送ケーブル(50㎝)

電池は、充電池を使用しています。充電池は1.2Vですが、USB端子の部分は5V程度の出力になっています。
iOS 5.1.1で充電中になっているので、充電できていると思われます。

あとこのケーブルですが、パソコンとつないで転送とかも普通にできます。見た目も純正っぽい感じです。

成功例:
カフェ・ド・犬 : 100均USB充電器
旧_実験場所: ■iPhone 4を100均のケーブルと電池BOXで充電してみました #iphone4jp


※実際にテスターで充電池1.2Vx2をこの電池BOXにいれて電圧を計測してみましたが5V程度は出力されてます。

充電池を使う場合の注意事項

充電が終わった後はすぐに機器からケーブルを切り離す。できればUSBバッテリーケースからニッケル水素充電池を外す
100円の単三電池型USB式外部バッテリーの最要注意事項: 今日思うこと

ニッケル水素充電池のほうが完全放電?してしまって、2度と使い物にならないことになりかねないので、上記のようにした方が良いでしょう。

充電できる、できない情報

原因は電流が足りないからです。iOS 5.0.1 からは充電時に電流が 1A ないと充電を開始してくれないようです。 当然 iOS 5.0.1 にした iPhone 3GS も充電できません


iOS 5.1 にアップデートしたところ、手持ちの eneloop stick booster でも iPhone 4S が充電できるようになりました。バッテリ関係の変更があったことに起因しているようです。

iPhone 4Sを単三eneloopで充電する:トイレのうず/ぼやき

・iPhone、iPod touchの充電・転送ケーブルに関しては特に制限をかけていないようだ
・iOSのバージョンによっては、出力電流の大きさで制限をかけているようだ



【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。