MSVCR100.DLL が見つからなかったため、アプリケーションを開始できませんでした

MSVCR100.DLL

MSVCR100.DLLというものは、Microsoft Visual C++ 2010 のランタイムに含まれているようで、以下のものをインストールすれば解決できます。

1.Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)
2.Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)

■Windowsが32ビット版の場合
1をインストールする

■Windowsが64ビット版の場合
OSが64ビットとかいうのと関係なく、メッセージを出しているアプリケーションが、32ビットか64ビットかによって違います。

32ビットの場合は、1を、64ビットの場合は2をインストールすることで解決できます。わからない場合は、両方インストールしても問題ありません。

インストール先による区別
C:Program Files (x86) <-32ビットアプリケーション
C:Program Files <-64ビットアプリケーション

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。