iPod touch / iPhoneでオフライン使用可能な辞書を持ち歩こう

この記事でできることは以下の3つです。
なるべく無料かお金をかけない方法を採用しています。

1.EPWING形式の辞書を使う
2.無料の国語辞典アプリ
3.JB環境でiOS内臓の辞書を使う

※iPod touch 4th(iOS 5.1.1)で確認しました

1.EPWING形式の辞書を使う

1.1 使用するソフト
カテゴリ:辞書/辞典/その他, ユーティリティ
販売元:hishida

有料版もありますが、無料版でもそんなに不便ではないと思うので今回は無料版を使用しました

1.2 EPWING形式の辞書の準備
EPWING形式の辞書を用意しましょう。
Wikipedia
http://sourceforge.jp/projects/boookends/
「Wikipedia(ja)1027Lite - EPWING」あたりが使用可能です

各種CD-ROM、DVD-ROMから
昔、メーカー製のパソコンに「広辞苑」とかがついていたことがあります。そういうのをお持ちならそれが使えます。また、昔の電子辞書系は、EPWING形式のものが多かったのでファイルを取り出せるのならそれが使えます。

EPWING関連の出品一覧 - ヤフオク!
EPWING関連の商品一覧 - Amazon

Yahooオークションでも出品されています。

ネットから
EPWING形式の無料の辞書を作成して公開している人がいるようです。

カクテル・レシピ集 (EPWING版付) 無料 -Vector
英英辞典+類語辞典(EPWING) 無料-Vector
Jim Breen's EDICT2 和英・英和辞書 無料 -Vector
和独辞典 WaDokuJT (EPWING) 無料 -Vector
Chinese-English Dictionary (中英[英中]辞典) 無料 -Vector
ウェブスターズ英英辞典(1913年版-パブリックドメイン) 無料 -Vector
Dictionnaire Francais-Japonais 仏和・和仏単語帳 無料 -Vector
他にもいろいろあるみたいです。

1.3 辞書を圧縮するツール

EPWING形式の辞書に間違いはないのに、EBPocketでは認識しない辞書があります。そういうのでも以下の手順で辞書を圧縮して新たにファイルを作成すると、認識するようになります。

(a)EB Library eb-4.2.2-win32.exe
(b)WinEBZip WinEBZip-0.0.exe

上記を順番にインストールしてください。
WinEBZip を立ち上げて、辞書を指定して圧縮作業を行います。
「ファイル」->「EBライブラリーのパス」で(a)をインストールした場所を指定してください。
「ファイル」->「圧縮」で圧縮作業が行えます。

1.4 EPWING辞書をEBPocketに転送
FTP経由でも転送できるみたいです。
今回は、iFunBoxというソフトを使用してiPod touch/iPhoneに転送します。

/private/var/mobile/Media/Photos/EBPoket
上記に、コピーします。「EBPoket」というフォルダはない場合は作成してください。

たとえば、Wikip1027Liteの場合なら、「epwing」というフォルダごとコピーしてください。
/private/var/mobile/Media/Photos/EBPoket/epwing
こんな感じになるようにです。


追記:2015/03/21

(旧) インストールフォルダ:  Rawファイルシステム/Photos/EBPocket (iDic)
(新) インストールフォルダ:  Appファイル共有/EBPocket/EBPocket (ユーザー・アプリケーション
iOS 6 で EPWING 辞書を認識しないトラブル (EBPocket / iDic)


iOS6.1移行は置く場所が変更されているので注意。実際に試して見ましたが、認識しました。

1.5 EBPocketの無料版の制限
検索が、「完全一致」「前方一致」しかできないことです。
通常、前方一致ができれば問題なさそうには思います。


2.無料の国語辞典アプリ

カテゴリ:辞書/辞典/その他, ブック
販売元:genesix

収録用語数7万語を誇る 「ポケットプログレッシブ国語辞典」(小学館)
がプレインストールされていて、この分は無料で使用可能です。


3.JB環境でiOS内臓の辞書を使う

SpotDict というソフトを導入してください
ホーム画面の左端?にあるSpotlight画面のところで、調べたいキーワードを入力して、その横にあるアイコンをクリックするとiOSに内蔵している辞書を表示できます。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。