格安のモバイルバッテリーを入手する 【3500mAh,MA566】

西友で500円で投げ売り?されていました。充電式のカイロなのですが、モバイルバッテリーとしても使えるということで、モバイルバッテリー持っていなかったので購入してみました。

付属のUSB-ACアダプターは、5V1Aタイプのものでした。

で、肝心の性能であるが、この状態で1A出力を続けると1時間50分でアラームランプが点滅、2時間ちょうどで電池がなくなって出力が切れてしまった。計算上は、変換効率を90%とすると、USB出力容量は2280mAhとなり、2時間で切れればこの値の87%という計算になる。まぁ、まずまずの性能といえるだろう。なお、テスト開始から出力が落ちるまで、電圧はずっと4.5Vで動かなかった(優秀!)ことも書いておく。

実際に携帯電話やゲーム機を充電する場合は、リールケーブルの出口に各機種専用コネクタを装着するのと、1Aも流すのは限られた機種のみなので、電圧降下の問題はここまでシビアに効いてこないと思われる。もし、1500円くらいの価格で見つけたなら、これはモバイルバッテリーとして買っておいて損はないかもしれない。この手のACアダプターは、別買いすると500円はするので。
新・朱美のトランス雑記帳 スマートカイロ・MA-566

モバイルバッテリーの充電には6時間かかるというのは、私のもそんな感じでした。iPod touch 4thに接続して充電することも可能なので、5V1A程度は出てそうな気はします。カタログにも消費電力5Wと書かれているので・・・・。

数日触った感じでは、そんなに悪い感じでもないですね。「電池:3500mAh(リチイウムポリマー)」と書かれているので、充電池はリチウム電池の一種のようです。


欠点らしきこと

・モバイルバッテリーの現状の充電状態がわからない(ランプとかない)
・給電口(出力側)はMiniUSBである
・モバイルバッテリーの充電口は、細めのACアダプターとかに使われる差込口
・充電と給電を同時には行えない
・モバイルバッテリー自体のON/OFFができない

カイロとしての性能

充電式の「あったかカイロ」を購入してみる 」ではかなり否定的な書き方をしてましたが、こちらのカイロは「マシ」な部類だと思います。

たぶん、向こうがニッケル水素電池なのにこちらはリチイウムポリマー電池の差が大きいと思います。比較的、こちらの方が熱くなりますが、でもカイロの用途としてはやっぱり微妙かなと思います。

カイロとしてのテストは既に終わっていて、ヒーターはサーモスタットで適温を維持するように、作動中は入ったり切れたりするのだが、実使用では3時間ぐらいしか持たなかった。ジャケットのポケットに入れておくと、ほんのりと暖かくはなるのだが、パワーではホカロンなどの鉄粉カイロには到底及ばず(繰り返して使えるのはいいのだが・・)、しかもポケットに入れた状態では、電池がなくなってきてアラームランプが点滅してもわからないから、少々使いづらい感じであった。
新・朱美のトランス雑記帳 スマートカイロ・MA-566

やはりこんな感じなんですね。
はっきりわかってることは、充電式のカイロを選ぶときは、リチイウムポリマー電池のものを選択したほうがマシだということ。

その他

※クリックすると画像が大きくなります

本体の重さは、計測すると100gでした。あと質感もかなりいい方だと思います。カイロなので、一応金属っぽいところはアルミとかではないかと思います。
カタログの材質には、「アルミニウム、ABS樹脂」と書かれています。

充電式スマートカイロ MA-566 一覧 -楽天市場
充電式スマートカイロ MA-566 一覧 - Yahooショップ

季節ものでバッテリーものなので、ネットでもいつかは投げ売りする気はしますが・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。