「PX.dllが見つかりません」でVAIO リカバリ・ユーティリティが起動できない場合の対応方法

VAIOでリカバリーディスクを作成しようとしたら、「PX.dllが見つかりません」というエラーがでてアプリが起動できません。これは困ったという話です。

リカバリーディスクは一番最初に作成しておくべきなんでしょうね。


本記事は、VAIOのVGN-C61HB(Vista Home)での話です。

ステップ その1

PX.dll の入手

PX.dll の入手方法としては、上記のAOSのサイトで、とりあえずバックアップ系のソフトをお試しでインストールするか、または、本家?のサイトでそのモジュールのインストーラーをダウンロードしてあげるとしましょう。
(参考2 : http://www.genie-soft.com/images/support/primo.zip )
PX.dll 見つからない:滋賀県大津市で元気にやってます。ネットワークおつなぎ隊 IT石山かえる堂


上記の引用サイトの「参考2」と書かれた http://www.genie-soft.com/images/support/primo.zipを使用しました。解凍するとPX.dllが出てきます。

PX.dllをC:\Program Filesの「VAIO リカバリ・ユーティリティ」があるフォルダにコピーします。
そうすると、アプリが立ち上がるようになるかと思います。

で実際にリカバリーディスクを作成しようとしたら、「EISA領域が見つかりません」「EISA領域にアクセスできません」というエラーになって、私は作成できませんでした。

EISA領域というのは、隠しパーテションらしく、そこにリカバリー関係のものが置いてるようです。

ステップ その2

EISA領域があるかどうかの確認

「コントロール->パネル\システムとセキュリティ->管理ツール」あたりの「コンピューターの管理」というのもで確認することが可能です。これで、画像のような領域があれば、EISA領域はあります。

EISA領域から、ファイルを取り出す

私の場合、「VAIO リカバリ・ユーティリティ」でエラーになった後に、エクスプローラーでみると上記のようにリカバリー領域がマウントされていて、Windiowsからもアクセスできるようになってました。

とりあえず、この部分をCドライブのどこかにコピーしました。

本来のPX.dllを使用して修復する
上記でコピーしたものの中で、Recovery\VAIO\Applications\Px Engineという場所にpxengine3_06_36a.exeというファイルがあり、これを実行すると無事修復されて、リカバリーディスクを作成することができました。

「Px Engine」とかいうものが必要なようですね。VAIOの機種によって、pxengine3_06_36a.exeのファイル名は違うかと思います。

おまけ:EISA領域のマウント

パーティーションコマンダー10 において、そのパーティーションを全て操作することができ、「表示」にした上で「ドライブ名を付与」することにより、通常アクセスすることができました!
もちろん、データは完全に残っており、すべて問題なく読み出すことに成功しました。ドライバ類もすべてインストールすることに成功しました。
EISA構成からファイルを吸い出したい | ノートPCのQ&A【OKWave】


ちょっと調べる限りでは、マウントさえできれば、普通のファイルとして読み出せるようです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。