WordPressのcss、javascriptの末尾につくバージョン表示を消す方法

CDNとかキャッシュとかで高速化しようとした場合に、styles.css?ver=3.5.3のように、末尾にバージョンのパラメータがついていると、うまく動作しないことがあります。そういう時に、これを消したいな?という方法です。

//---------------------------------------------------------
// remove wp version param from any enqueued scripts
// バージョン表示を消す
function vc_remove_wp_ver_css_js( $src ) {
    if ( strpos( $src, 'ver=' ) )
        $src = remove_query_arg( 'ver', $src );
    return $src;
}
add_filter( 'style_loader_src', 'vc_remove_wp_ver_css_js', 9999 );
add_filter( 'script_loader_src', 'vc_remove_wp_ver_css_js', 9999 );

私の場合は、テーマファイルのfunctions.phpに上記を追加しています。
functions.phpがなければ作成です。テーマファイル以外のところにあるfunctions.phpは変更してはダメです。それはおそらくWordpressの本体です。

参考:
How to remove WordPress version parameter from JS and CSS files - Virendra's Techtalk
WordPress | JSやCSSに自動で付与されるバージョン番号を非表示に
表示スピードの高速化に役立つ!JavascriptやCSSファイルに自動で付与されるバージョン番号を非表示にする方法 | gori.me(ゴリミー)

もちろん、末尾にバージョンのパラメータがついてるのには意味があります。変更したとき(バージョンが上がった時)に、(ブラウザの)キャッシュでなくて、新しいほうをきちんと読んでもらうためです(だったと思う)。

かなり前に調べたときは、検索してもなかなか見つからなかったので、その時に検索に用いたと思うキーワードもいれて、覚書として書いておきます。「Wordpress プラグイン バージョンを消す」とかそういうので調べたのかも。かなり前なのでうろ覚え・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。