【楽天市場】母の日のカーネーションで微妙なものが送られてきた時のクレームの入れ方

今回このエントリーを書くのに検索した感じでは、「鉢植え」というのが意外と地雷なのかもしれません。切り花やアレンジメントはノウハウがあるところが多くて、トラブルに発展することが少ないのかなぁと思います。

楽天市場の場合、かなりの注文数がはいると思うので、それをこなすノウハウも必要だと思うので、ハードルがいろいろ高いのかもしれません。カーネーションを始めたのか?という店も、翌年にはやっていないとかそういうのも多々見てきたので・・・。

楽天で注文したカーネーション(鉢植え)を毎年確認しているわけではありませんが、多くの場合は大丈夫そうと言うことだけは付け加えておきます。

クレームを入れたのは過去2回

オレンジ色のカーネーションの鉢植え
・咲いている花の数が少なく、蕾のほうが多し <- 僕の中の許せる限界ライン
・咲いている花が萎れたりしている
・つぼみも枯れかかってたりする

咲いている花が少ないっていうのは仕方がない面があろうとおもうが、「萎れている・枯れている」というのは問題外とおもってクレームをいれた。

この時は純粋に、今まで楽天市場の色々な店で注文したが、花の数が少ないっていうのはあっても、萎れてたり枯れたりしてたことは無かったことを言ってみただけでした。

そうすると、赤色なら在庫があるのでそれを代替えとして送ることで了承してほしいということを言ってきたので、そんなことを言ってくるとは思ってなかったので、それで手を打った。

なぜ、判明したかというと、
この店の発送メールで、なにか問題があれば到着後2日以内に連絡してくださいみたいなことが書いてあったので、
念のために、確認してみたら、ちょっと微妙な花がきたということでクレームをいれたという経由があります。

赤色のカーネーションのポットカーネーション(苗)
これ、今回です。
初めから微妙感が漂う商品だなぁと思っていたのですが、まあ、たまには小さいカーネーションでテーブルに置きやすいのもいいかなぁと思って注文したら・・・。

今回は注文した時から、なんとなく嫌な予感がしたので、判明したというのはあります。

補足
ちなみに、僕自身はクレームを入れるのが苦手で、かつクレームをいれて交渉などをするのが非常に下手です。ということであまり参考なる記事にななってません。ごめんなさい。

クレームを入れたで、僕がお勧めする方法

感情を抑えて、紳士的に・・・
・初めから誠意的に対応する気がない店は、どんな口調でクレームを入れても無駄
・誠意的に対応する店は、相手が誠実そうな人ほどきちんと対応しようとする(と思う)

この原則があると思うので、
腹立たしい気持ちは抑えて、紳士的に良識ある人風に、店側の体面が保てる感じに
クレームをいれるのがよいかと思います。

相手も人間ですから、怒らせて、ちゃんと対応してもらえるなんて思わない方がよいってことです。

他の客にもおなじような商品を送ってるんじゃないか?みたいなニュアンスの内容よりも
他のお客さんにはきちんとしたものを送られているとおもうのですがみたいなニュアンスの方がよいのではないか?って話ですね。何かの手違いに決まってますよね?みたいな(苦笑)。

どうしてほしいか?の要望をなるべく伝える方がよい
例えば、義母に送ったんだけど、こういう状態のカーネーションではこまるみたいな、漠然としたものでも伝えた方がよいと思う。

きちんとしたカーネーションが送られなくても、わび状の一つでも届けば、体面が保てる場合もあるでしょうってことです。

今回、クレームを入れたカーネーション


【母の日ギフト】 ポットカーネーション"バケツ" プリティシリーズの選べるカーネーションとかわいいバケツカバー【送料無料】【smtb-s】母の日ギフトは銀座東京フラワー
レビュー 【母の日ギフト】 ポットカーネーション"バケツ" プリティシリーズの選べるカーネーションとかわいいバケツカバー【送料無料】

・義母に送った
・あまりにもみずぼらしくみえるので困っている
・つぼみがついていて、数日後には花がついてそれらしいものになるとは個人的には思えないが、写真をみていただいてそうなると判断されるのなら、義母に伝えたいので教えてもらいたい
・みすぼらしく見えるのは、商品写真と「背丈」「花の数」が違うからだと思われ、主要因は花の数だと思う
・「バケツ」と「ポット苗」の組み合わせで、商品写真と一緒にならないのなら、僕の価値観では問題があると思う

こんな感じのことを、試行錯誤して文章にして、クレームを入れてみました

注文した時は、「大きさ」「ポット苗」であることを商品説明でみて覚悟はしていたのですが、写真がイメージ写真なのかもしれないという可能性については考慮するのを忘れてました。

で、クレームを入れる前にみると、どう見てもポット苗がバケツに入っている写真じゃなくて、切り花?のカーネーションをさしてそれらしい写真を撮ってるだけなのでは?という気がしたんですね。

だって、実際に来たものと比較しても、3頭身と5頭身ぐらい違うようにみえるので。3頭身っぽいからかわいく見えるわけで・・・。

店側が、写真をみて、すこし「間延び」しているという話だった。
赤色は無いのでピンク色の状態の良いものを選んで「ポット苗」だけ再送することは可能なので、それはどうか?と言ってきたのでそれで手をうった。

あまり関係ないけど・・・

義母に購入しました。
あまり関わりないし、良くしてくれないし、これくらいシンプルなものでいいかなと。
母には、可愛いのを渡す予定です。笑


怖すぎる・・・

僕は人の好意を悪くとるべきじゃないと思う立場だけど、これみると・・・。

ちなみに、他の人のカーネーションは?!

※実物は、写真よりかなりみすぼらしい・・・。花の色はもっと赤い(デジカメ?の影響)


うちよりも、花つきがよくて、ぼくの中の許容範囲に入っている写真が写っていたので、やっぱりクレームを入れても不当じゃなかったかなぁとは思いました。

花が落ちてる、折れてるとかは、発送のノウハウがないと僕は思うんですけどね・・・。

世知辛い世の中なので・・?!

この記事を書いたのは、最近は物分かりがいい人たち(消費者)が増えて、レビューで文句は書くけど、直接店に交渉ししない人もいるのかもとおもい書くことにしました。

近頃の感じでは、「ちょっとこれはひどいんじゃないかなぁ」と店側にいうだけでも、クレーマーというレッテルを張る人たちがいるようで書きにくいって言うのもあるとは思います。

あと、店側もそういう状況を見越して、初めからそういう商売をしているところもあるのじゃないかなぁと被害妄想気味に思っています。つまり、文句を言う客には交換に応じるが、そうでない限りはスルーという路線で、初めから品質基準が低めな商品を低価格路線で売りさばくという商売のやり方です。

レビュー(Twitter)で文句を書くぐらいなら、店(企業)に直接文句を言え的な人もいるわけですが、文句をいって聞き届けられると思うのなら直接言うんじゃないの?というのもあるとは思うんですね。

また、店が対応してくれて、良品を送ってくれたというのもあるけど、初めから良品送れよなというのもあると思うんですよ。

本当に品質をチェックしていて、たまたまそのチェックにもれて送られてきたものか?それとも初めからこの程度のものなら大丈夫そうって感じで送り付けてるのかは、その1回の取引しかしらない客にとっては分からない話だしね。

特に、花の日のカーネーションで、実物を注文主が確認する可能性は低い可能性もあり、
また、受け取った側も、せっかく送ってくれたのに、こんなにひどいのが来たなんて言いにくいという心理も働くと思うんですね。

まあ、楽天市場で鉢植えのカーネーションを注文するときは、実物を確認しに行った方がよいと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。