プリントスクリーン[PrintScreen]キーが突然使えなくなった時の逃げの対処方法

・「PrintScreen」キーで、画面をキャプチャー
・「Alt」+「PrintScreen」キーで、アクティブなウインドウをキャプチャー

Windoiwsの標準機能でこういうものがあるのですが、突然使えなくなるとかそういうことがたまに起こったりします。その場合は、Windowsを再起動させるのが一番手っ取り早いわけですが、毎回そんなことをしていられません。

原因は、「PrintScreen」キーが押されたという情報が、うまく取得できないというものだと思います。大元の原因は行儀の悪いアプリがあるとか、そういうのですね。でも大元の原因は多くの場合わかりません。

一番簡単な「逃げ」の対処方法は、プリントスクリーンできるアプリを導入して、マウスでクリックすることでスクリーンショットをとれるようにしてしまうことです。これなら、「PrintScreen」キーが関係なくなります。

知人や初心者に相談され時は、アプリを導入してもらうのが解決方法としては手堅いと思います。

いろいろアプリがあるのですが、2つほど紹介しておきます。

・FastStone Capture
・Screenpresso!

※windows10で確認しました

FastStone Capture


アプリを立ち上げて、アイコンをクリックするだけでスクリーンショットが取れます。[F]は、全画面のハードコピーです。

■FastStone Capture 5.3(無料) ダウンロード先
http://www.aplusfreeware.com/categories/mmedia/FastStoneCapture.html

■FastStone Capture 最新版(有料) ダウンロード先
FastStone Capture - Vector

画面キャプチャソフト「FastStone Capture」【簡単ハードコピー,スクリーンショット】

このアプリなんですが、最新版は有料で、無料なのは30日間の体験期間だけなのですね。バージョンの5.3は無料で今も利用できて、私はこれを使っています。そのあたりは、上記の過去の記事で説明しているので、興味ある方はどうぞ。

Screenpresso!


私の周りの結構な人が使っているアプリがこれです。今回紹介するのにあたって少し使ってみましたが、使いやすいんじゃないかなぁと思います。

■ダウンロード先
Screenpresso -vector


・ScreenPresso Free:無料
・ScreenPresso Pro:2,838円(本体価格)

このアプリですが、機能制限版が無料です。ファイルは共通のようで、ライセンス登録しなければ「無料版」という扱いの用です。そのあたりはダウンロードして解凍(展開)したファイルの「ご利用いただく前に必ずお読みください.txt」等に書かれているので各自確認してみてください。

あと、インストールしても、しなくても使えるようにはなっています。

補足

グラフィックセーバ(キャプチャ) 一覧 -vector

スクリーンキャプチャー系のソフトはいろいろあるので、各自、好きなものを選択すればよいかと思います。

で、話を戻して、[PrintScreen]キーが効かなくなる問題ですが、
FastStoneやScreenpresso!を導入して、[PrintScreen]キーを押してみればよくわかると思います。

問題ない時は[PrintScreen]キーが動作するけど、問題あるときは[PrintScreen]キーを認識しなくなっているのがよくわかるかと思います。アプリで、[PrintScreen]キーを検出できなくなっているということです。大元の原因は不明ですけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。