【Windows】Edgeが不安定、固まる場合は、修復・リセットを試してみてもよいかも

普段Edgeを私はあまり使わないのですが、Edgeを使う人が調子が悪いというので解決方法を調べてみたら、「リセット」で治りました。IE11のリセットと似たような機能なんだと思います。

2017年の秋ごろに追加された機能

Windows 10 Version 1709以降に使えるようになった機能です。
Microsoft Edge の修復とリセット
Microsoft Edge で問題が発生した時、簡単に修復を行えるようになりました。
Windows 10 Version 1709 で強化された Microsoft Edge の機能 - マイクロソフト コミュニティ

以前は、トラブル シューティングの一環として PowerShell コマンドを実行してアプリケーションを修復する人が多かったのですが、バージョン 1709 (Fall Creators Update) では、この新しいオプションを活用することをお勧めします。
Microsoft Edge の新しいリセット、修復方法 (Windows 10 Fall Creators - マイクロソフト コミュニティ

以前は、「PowerShell」でやる方法があったようですが、今は推奨されてないやり方のようです。

Edgeの修復・リセットの使い方

設定=>アプリ=>アプリと機能のところから修復・リセットができます。


アプリと機能で、Edgeのところをクリックすると上記のようになるかと思います。「詳細オプション」というリンクがあるのでそれをクリックします。

※日付の上のところで「読み込み中」と表示される場合は、これが消えてから「詳細オプション」をクリックしてください。


画面の下のほうに、「修復」「リセット」のボタンがあるので、これを使います。たぶん、「リセット」のほうを使うと多くの場合、改善されるのでは?と思います。念のため、Windows自体を再起動しておくとよいかも。

「リセット」では、たぶんブラウザに保存されている自動入力のパスワードなどは消えると思います。そのあたりは気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。