都庁近くにいた「ホームレスのおじさん」との思い出の場所を探してみる

田舎者の僕は、都庁の展望台(無料)を南北ともみてかなり満足していました。やっぱり、東京はすごいなとか思ったりしてね。隣の田舎者の女子学生たちも、地平線がかすんで見えるとかいって喜んでおりました。

都庁の展望台を見た後、新宿中央公園に向かう途中で、都庁を写真に収めたい思って、陸橋あたりでデジカメで写真を撮ろうと思いました。不幸なことは度重なるようで、何とデジカメにメモリーカード(CF)が刺さってなくて、写真自体が取れませんでした。

がっがりしてたら、斜め45度の方向にいるホームレスのおじさんが、私に怒ったような口調で、話しかけてきます。なんか訛りがあるようでよくわかりません。

勝手に写真をとったといって、怒ってるのかなと思い、また興味本位で写真を撮ってると思われて、相手は深く傷ついたのかなと思いました。無視してても良いかなとは思ったんですが、都庁をとってただけですよと説明だけはしても良いと思って話しかけました。
ホームレスに勧められたビールを飲んだ話 – 某氏の猫空


思い出の場所というのは、上記に書いてある「陸橋あたり」の場所です。もう一度、その場所を確認したかったのですが、記憶が改ざんされている&方向音痴とかあり、結局どこなのかわかりませんでした。

結局、デジカメで都庁を撮ろうとした場所とか、都庁の構図とか、思い出せないというか、記憶と一致する場所がないんですね。どこなんだろう?っていう話で。

あと、都庁なんですが2階なのに、地上ですか?みたいな雰囲気になっていて、以前と変わったような気がします。まあ、10年ぐらいは経過してるはずなので、変わって当然ですけどね。でも、都庁の建物自体は大きく変わってないと思うのですが・・。




都庁近くの陸橋っぽいところをいろいろ見てみたのですが、記憶と一致する場所がありません。


こんなのでもなかった気が・・・


ここでもないような・・。


このスペースあたりかな?とか思ってみるも、明らかに違う気もするし。見上げた時の都庁の角度がちがうような。


新宿中央公園あたりに向かえば思い出すかもとか、新宿中央公園にもホームレスのテント?らしきものがあったはずとか・・・。


軽く見てみるも、きれいで、それらしきものは見当たらず。


この辺でもないような。


こんなんでもないような。で、帰ろうと、この奥に行った時だと思うんですが・・。


高架下?陸橋下?の薄暗いところに、段ボールハウスとかがぼつぼつと・・・。


黒い石の立て札が「新宿NSビル」と書かれていて、この写真の奥側の高架下?陸橋下?のところだったと思います。とりあえず、ホームレスらしき人は今もいるという実感だけ感じて、もう立ち去ることに。絡まれると泣くかもしれないので・・・。というか、怖くなったので急いで帰ることにしました。夕暮れ時というのもあったけど、高架下?はそれぐらい薄暗くて、写真では明るいけど、かなり暗かったんですね。

ホームレス

都庁から道路を挟んですぐ西にあるのが新宿中央公園である。
この公園の名前を聞くと、ホームレスの住処という印象が強いかもしれない。
特にこの案内図に描かれている芝生の広場ではテントが乱立するという事象も起きていた。
さて、現在はどうなっているのだろう。という事で園内の散策を始めた。



こちらが芝生の広場の現状である。
ろくに桜も咲いていない(この取材日である3月28日時点では)のに、曇天の中レジャーシートを使って花見をされている方々が3組ほどいらした。
ホームレスが居住していたという痕跡はきれいさっぱり無くなっていた。
'16 3 28 新宿中央公園付近をお散歩 - 街ある記食べある記


検索で調べてみると、どうも現状は上記の状態のようです。

こちらの交差点を越えた先は、車道両脇の歩道が居住スペースとなっている。
風はしのげないが、雨はしのげるので絶好のコンディションとでも言うべきか。



ひたすら何かの作業に打ち込むホームレスの姿があった。
表面的な交渉だけで契約成立だの云々ぬかしてるありふれたサラリーマンなんかより、彼の後ろ姿の方が余程男らしかった。
'16 3 28 新宿中央公園付近をお散歩 - 街ある記食べある記


今回、私がみた段ボールハウスや、空き缶が大量に集められているとかは、このあたりじゃないかなぁと思う。

思い出の場所で、何を確認したかったのだろう?

・何を確認したかったのだろう?
・何を思い出したかったのだろう?
・どういう感傷に浸りたかったのだろう?

たぶん、僕は、あの場所で、生きていくための光を見た気がしたんですが、何だったんでしょうなぁ。
まあ、その場所が分かったとしても、何かが変わるわけでもなんでもないんでしょうけどね。

今なら、あんな絡まれかたをしたら、走って逃げるだろうと思うけどね(苦笑)。この時点で、もう昔の気持ちを再現することはたぶんできない気がする。

今回、展望台は北側だけ上りました。たしか南側がよかった気がするんだけど、どこから登れるのかわからず。聞けば教えてもらえるんだろうけど、そんな気分にはなれず。展望台の北側からみた東京は、別にすごいとも何とも思えませんでした。地平線は、確かに昔の記憶と同じくかすんではいましたが。平日というのもあり、周りが外国人観光客ばかりでした。

都庁の展望室から、地平線がかすんで見える


>隣の田舎者の女子学生たちも、地平線がかすんで見えるとかいって喜んでおりました。

今も、かすんで見えますね。前回は晴れていて、今回は少し曇っていたと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。