「Value Domain」から「お名前.com」にドメインを移管する方法

ドメイン移管

バリュードメインからお名前.comへ以下のドメインで試した結果です。
・comドメイン(eNom:更新期限5か月前)
・netドメイン(KeySystems:新規取得後 65日)
・netドメイン(GMO:新規取得後 65日)
・bizドメイン(eNom :更新期限1か月前)


注意点

ドメイン移管は案外簡単にできます。
その都度メールが来ますのでその指示通りにすれば問題ありません。

1.更新期限のかなり前から行うのがおすすめ
どの時期に行っても、「更新期限+1年」の日付で更新期限が更新されて移管されます。だから、早い時期に行ったほうが余裕をもって行えるので良いです。(※取得後、移管後60日以内はダメ。)
これは一般的な話で、スタードメインに問い合わせた時も同様な回答でした。

2.代理公開と認証鍵(Authorization Code)
ValueDomainでeNomのドメインで、「認証鍵(Auth Code)」取得時にトラブルが起こることが多いようです。(※KeySystemsの場合は関係ありません)


ドメインロックを外す画面の上に、ドメインパスワードというものはあると思います。これが8文字以上12文字以内になってることを確認してください。もし設定されていない、8文字未満の場合は条件に合うように変更してください。

代理公開をやめてWhois情報を更新します。更新した後24時間(できれば48時間)待ってから、「認証鍵(Authorization Info)」を取得してください。

eNomのトラブル事例がネットでは見かけますが、多くの人がeNomでも問題なく移管してるようなので上記を確認してから試してみてください。私は、ドメインパスワードが怪しいと思ってます。認証鍵の生成にこのパスワード文字列も使われてるのではないか?という推測です。私の場合は6文字でした(画像参照)。今は6文字登録しようとするとはエラーになるようですが過去においては問題なかったのだと思います。

bizドメインが何もしないで移管失敗、comドメインが上記対策を行ってから移管で問題なしでした。
参考:バリュードメインからドメイン移管が出来ない 【AuthCodeエラー】

3.ネームサーバーの問題
ValueDomainのネームサーバー(eNomのネームサーバーも同様)を使ってる場合は、ValueDomainからお名前.comのネームサーバーに切り替える必要があります。この切り替えのタイミングで何か問題が起こる可能性があります。

移管後は、ネームサーバーを変更するまでは前のネームサーバーのままです。ValueDomainのネームサーバーをそのまま使い続けることは契約上(規約上)できないと思いますのでこれを切り替える必要があるわけですね。

4.レジストラの問題
レジストラをeNom(またはKeySystems)のまま、管理会社をValue Domainからお名前.comに変更することはできません。お名前.comに移管すると、自動的にレジストラが「お名前.com(GMO)」になります。


移管手順

※画像がクリックすると大きくなります。
※お名前.comの会員登録が登録済みの状態で行いました。

1.バリュードメインでドメインロックを外す
2.バリュードメインでWhois情報の確認(代理公開NG)
3.バリュードメインで認証鍵(authorization key)取得
※eNom、GMOとKeySystemsが違うのはここだけ
eNomはメールできます(英文)
4.お名前.comで移管申請




5.メール:[お名前.com]トランスファー 受付通知
6.メール:【重要】トランスファー承認手続きのお願い


7.メール:[お名前.com]トランスファー 料金ご請求明細
8.銀行振り込み
9.メール:[お名前.com]トランスファー 料金領収
10.メール:ValueDomainから移管の確認メール※
11.メール:[お名前.com]トランスファー 完了通知
2,3日から10日程度かかるらしい

英語は認証鍵のメール(eNom場合のみ)だけで後はすべて日本語で処理可能です。
5番以降は、Whois情報に登録されたメールアドレスにメールがきてそのメールの指示に従うだけになります。

支払いは銀行振り込みで行いました。トランスファー 完了通知は1週間ぐらいかかりました。

※ValueDomainから移管の確認メール
・eNom、KeySystemsの場合は、確認メールなどは来ませんでした。完了後も来てません(2011/10/27)
・GMOの場合は、確認メールが来ました(2012/03/26)


移管の経過状況は以下で確認可能です。
「ドメイン設定」→「追加登録・トランスファー」→「トランスファー受付状態確認」

移管後の設定は、「お名前.comに移管後にする設定」に書きましたのでよろしければお読みください。

移管はなぜしたのか?

・1度、移管というものをしてみたかった
・移管費用380円で1年更新されるのが魅力的だった

お名前.comは、キャンペーンが終わっても次のキャンペーンでも移管費380円を続けてるようです。手間暇とリスクをある程度許容できるのなら、試してみてもよいのではと思います。

私は、バリュードメイン(eNom)で使い続けてもよかったと今も思っています。eNomのネームサーバーを使用している限りトラブルに巻き込まれることは少なさそうですし、またXreaの無料サーバーが使えるメリットも捨てがたいからです。


その他

銀行口座は、東京三菱UFJ銀行でした。
ドメイン移管は、移管の入力時に複数ドメインを記入すると一度で処理できるようです。深夜に移管手続きをすると、10分毎で次のステップのメールが来ました。朝に移管手続きをすると、30分から1時間毎で次のステップのメールが来ます。

三菱東京UFJ銀行のATMで三菱東京UFJ銀行口座から振り込みをすると(今は)手数料無料です。また、振込み後1時間程度で振込が確認されてました。

追記:2012/01/09
移管後45日禁止だったのが、新規取得と同じ60日に変更されたみたいです。ヘルプなどで再確認したほうが良いでしょう。

追記:2012/03/26
バリュードメインでレジストラがGMOの場合を追記

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。