解決の方法 【サイド バイ サイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした】

問題解決の方法

「サイド バイ サイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした」とメッセージが出て、アプリケーションが起動できない場合があります。

詳細を知るには、「コントロール パネル」->「システムとセキュリティ」->「管理ツール」のイベントビューアをみるともう少し詳しく分かります。

多くの場合は、適切なVisual C++のランタイムがインストールされていないことが原因です。イベントログをみれば、必要なDLLのバージョンなどがわかります。このバージョンをチェックしてください。

細かいマイナーバージョンまで一致しないと駄目なアプリケーションもあるので、要求されているものを入れるしか回避する方法はありません。指定されているマイナーバージョンより少しでも古いと駄目なのです。

4.0.5.2が必要で、4.0.3.5が入ってた場合はこのエラーになる場合があるということです。


Visual C++のランタイム

追記:2016/09/09
最新版は、Visual C++ のダウンロードをサポートします。| support.microsoft.com

マイクロソフト公式の上記のページにまとめてくれてるので、そちらを参考にしたほうが良いと思う。上から順番に導入すればよいかもね。

現状以下のような物があります。

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)
Download Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ from Official Microsoft Download Center
Download Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ from Official Microsoft Download Center
Download Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ from Official Microsoft Download Center

たとえば、Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージが入っていれば大丈夫だと思っていたら、
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム
も入れないと駄目だとかそういうこともありますので、思い込みは結構危険です。

イベントログに書かれている情報をちゃんとみることでたいていは解決できます。
WindowsUpdateをしているとか、他のアプリケーションを使用してるとかで、ユーザーが意識しない間に入っている場合もあります。

たいていの物は上位互換なので新しいのが入ったことで、動かなくなる場合はほとんどありません。

スポンサーリンク

『解決の方法 【サイド バイ サイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした】』へのコメント

  1. 名前:pontatta : 投稿日:2017/02/27 12:03

    質問です、Visual C++をダウンロードして、実行しようとしても、そのexeを開こうとしても
    「サイド バイ サイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした」
    とエラーが出てしまうのですが、どうしたらよいでしょうか?

  2. 名前:管理人 : 投稿日:2017/02/27 12:30

    イベントビューアを見ると、何が悪いかどのランタイムが必要かはっきりすると思います。
    分かりにくいでしょうが、それが一番確実です。


    >Visual C++をダウンロードして、実行しようとしても

    Visual C++のランタイムを実行しようとしても、エラーになるという話だと思うのですが、それだけではわかりません。

    1つ古いVisual C++のランタイムをインストール後に、入れたいVisual C++のランタイムを実行すればうまくいく可能性はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。