初心者にも使えるGoogle検索の技

基本は、単語を2つ

検索したい物事で思い浮かぶ単語を2つで大概はそれらしいものを探すことが可能です。
検索を快適にする多くは、キーワード選びといっても過言ではありません。
ほとんどの場合、2,3個の単語を並べて探し出す以外に効率的な方法はないと思います。

某氏 レシピ
某氏 AND レシピ
某氏 OR レシピ
単語を空白(スペース)をあけて並べます。これはAND検索(かつ)になります。「かつ」つまり、すべての単語は含まれているものを探し出します。ANDは明示的に書きませんが、2つ目と全く同じです。

OR検索(または、どちらかの単語が含まれている)をしたい場合は、単語の間にORをいれて検索します。めったにつかわにと思いますが覚えておいてもよいでしょう。

技は覚える必要なんかない

Google検索オプション
http://www.google.co.jp/advanced_search
などで、入力項目にそって入力すればよいでしょう。

あいまい検索

黒*駅
「*」(アスタリスク)が使用できます。
黒から始まる駅名はなんだったけ?というときにこういう指定で検索するわけですね。

キーワードを除外する

意外と使えるのが、キーワードを除外する方法です。
某氏 評判 -死んでしまえ
-(マイナス)をつかって除外する単語を指定します。

このようにすれば、「死んでしまえ」というキーワードが含まれるものを除外した「某氏 評判」を探し出すことが可能になります。

検索してみて、ノイズのような単語を除いたほうがより探しやすい場合は、こういう風な感じでやると探しやすくなりますね。

サイト内検索

site:http://blog2.k05.biz/ レシピ
たとえば、当ブログ内で「レシピ」を含む記事を探したい場合は上記のように指定します。
http://はあってもなくてもよいです。
とあるURL以下にあるものの中から検索したい場合に使えます。

タイトルだけで検索する

allintitle:某氏 本
「allintitle:」と書いたあとに、検索キーワードを指定します。
こうすると、記事タイトルのみを検索対象にして検索してくれます。記事の内容とかは検索対象にならないわけですね。

ニース記事を探したいとか、タイトルだけで検索したほうが有利な場合に使えます。

記事の内容だけで検索する

intext:某氏 素晴らしい
「intext:」と書いたあとに、検索キーワードを指定します。
こうすると記事の内容だけみて検索してくれます(記事タイトルは無視する)。

たとえば、記事タイトルは、人の気を引くだけの釣りタイトルとかがあるわけですね。そういうのが多い場合にこういう指定をすれば、そういうのを除外することができるわけですね。

複合検索

某氏 (立派 OR すばらしい)
()を使って優先順位を調整できます。
上記は、「某氏 AND 立派 」または「某氏 AND すばらしい」で検索した結果になります。

画像検索も意外と使える

テキスト検索
site:http://blog2.k05.biz/ レシピ 
検索結果

こういう風に画像で確認できるので、検索したいものによっては画像で検索したほうが早い場合があります。

画像検索
画像検索なのですが、画像自体で検索することがちょっと?前から可能になりました。

ミステリーツアーの行先を事前に知る方法 【写真が載ってる場合】

たとえば、こういう感じでミステリーツアーの行先を事前に調べるとかそういうことも可能です。

最後に

多くの場合は、キーワード選びが、検索を効率的にするもっとも簡単で有効な方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。