無料のPower2Go 9 Essentialでブルーレイを焼いてみた

Power2Go 9 Essential

メーカー製 PC や光学ドライブに付属するラティングソフトとして評価を受けている CyberLink Power2Go シリーズ。最新の無料版 Power2Go 9 Essential (エッセンシャル) 版は CD、DVD、ブルーレイなど各種物理ディスクへのデータの書き込みを無期限で行うことができます。

また、最上位エディション Power2Go 9 Platinum (プラチナ) 版の主要機能につきましても期限も初回起動時から15日間限定でお試しいただけます。
豊富なディスク記録形式に対応したオールインワンライティングソフト - Power2Go 9

ダウンロード先:
Power2Go 9 Essencial 無料ダウンロード | CyberLink

使用したファイルはこれ(本体)です。
Power2Go_9.0.0809.0_Essential-a_Essential_P2G130722-03.exe

上記リンク先から「CyberLink_Power2Go_Downloader.exe」というファイルをDLします。これは、本体をDLするためのソフトです。インストールするつもりがなくて、ファイルだけDLしておきたいという人は、このファイルを起動して、本体をDLしてください。DLが終わった時点で、インストールするかどうか聞かれるので、キャンセルすると中断できて、DLしたファイルが残ります。


実際に使ってみた





起動時画面で、「続行」を選んでください。
あとは、以前のバージョンとレイアウトが違う程度で、普通に使用可能です。

注意:
画像は、Power2Go 8 Essentialのものです。

Essentialの制限

イメージファイルをDVDに焼けません。しかし、Windows7以降は標準で焼けるようになっています。

参考:
Windows7/8.1/10で、iso/imgのディスクイメージを書き込む方法

BD-REに高速で書き込む方法



Power2Go 7の場合は、設定/情報->書き込みドライブのオプションで「不具合管理を有効にする」のチェックをはずすと、2倍速で書き込むことが可能です。

DVD-RAM、BD-REの仕様として、ベリファイしながら書き込むという動作をするようでそのため2倍速メディアであっても、1倍速程度しかでないということが起こるそうです。

ブルーレイ ドライブ BDR-205 の試用記 | 某氏の戯言

「不具合管理を有効にする」を外すとほぼ2倍速で書き込みが可能です。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。