【無料】Power2Go 12 Essentialを使用して、BD-REにファイルやフォルダを書き込む

Windows10 1803で試しました。

HDDの空き容量が厳しくなったので、BD-REに吐き出すことにしました。数年ぶりにBD-REに書き込むのですが、パソコンにアプリ自体インストールされてませんでした。Windows10の標準機能でも書き込めるみたいですが、なんとなく過去にやっていた方法のほうが無難な気がして、その方法でやることにしました。

無料のPower2Go 9 Essentialでブルーレイを焼いてみた – 某氏の猫空

5年前にPower2Go 9 Essentialをつかった記事が残っていて、たぶんその時以来、BD-REに書き込んでないかも?!「Power2Go 9 Essential」のファイルも見つからないので、新しいバージョンを入れるしかありません。

アプリのダウンロード


Power2Go 無料体験版をダウンロード | CyberLink

メールアドレスとかは任意になっていて、未入力でも、ダウンロードできます。ダウンロードしたファイルは「CyberLink_Power2Go_Downloader.exe」でした。それをまず実行します。

「Power2Go」Blu-ray Disc対応CD/DVDライティングソフトの無償版 - 窓の杜
窓の杜からでも、同じファイルがDLできます。


ダウンローダーで、アプリ本体をダウンロードします。

インストールする前に、ダウンロードしたファイルをどこかに保存しておくとよいかも。「Power2Go_12.0.0516.0_Essential_Essential_P2G180329-02.exe」というファイル名でした。

ファイルサイズが小さい感じなのですが、これですべての本体が入ってるようです。7zで圧縮されてるようでで、最大限に圧縮されてるので今までのバージョンよりも小さいようです。LANケーブル外してインストールしましたが、このファイル単体でインストールできました。

インストールする


ウイザードに従って、セットアップしていきます。特に、別アプリがインストールされるとかもなく、普通にインストールできました。


実際に使ってみる


起動時には、このような確認画面ができます。

Power2Go 12 Essential は CD、DVD、Blu-ray へのデータ書き込みが無期限で行える無料ソフトです。
Power2Go 無料体験版をダウンロード | CyberLink

ディスクに書き込み


タッチパネルを意識したUIになってるんでしょうか?かなり以前と変わってるように思います。今回は、BD-REなのでブルーレイディスクを選択します。


このあたりはあまり変わってません。書き込みたいファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップすればOKです。

ディスクの消去


BD-REなので、何回も書き換えが可能です。いったん消去したかったので、「ディスク消去」で行いました。おかしくなったBD-REはこれで一度消去するとよいかも?!

BD-REの場合


Power2Go 7の場合は、設定/情報->書き込みドライブのオプションで「不具合管理を有効にする」のチェックをはずすと、2倍速で書き込むことが可能です。

DVD-RAM、BD-REの仕様として、ベリファイしながら書き込むという動作をするようでそのため2倍速メディアであっても、1倍速程度しかでないということが起こるそうです。
ブルーレイ ドライブ BDR-205 の試用記 – 某氏の戯言

「不具合管理を有効にする」を外すとほぼ2倍速で書き込みが可能です。
無料のPower2Go 9 Essentialでブルーレイを焼いてみた – 某氏の猫空

過去の記事では、「不具合管理を有効にする」のチェックをはずすにしてたので、今回もそうしました。

スポンサーリンク



タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。