MACアドレスを偽装する簡単な方法

VMware Playerで環境を作る

UbuntuをVMware Playerにインストールする方法
購入前に、「Windows 8 Enterprise 90 日間評価版」を試してみる

無料のVMware PlayerにOSをいれて、VMware Player側の設定でMACアドレスを変更するのが一番簡単な方法だと思います。OSにこだわりがなければ、Ubuntuあたりを入れれば、ブラウザからアクセスする限りはWindowsとそんなに変わらないと思います。

Windowsでも評価版などを入れるのも、ライセンスの問題がなさそうなのでよいかと思います。

やり方は上記の引用先を参考にしてください。

MACアドレスを変更する方法

VMware Playerの「仮想マシンの設定の編集」で設定します。

ネットアークアダプタ->詳細->MACアドレスです。
生成ボタンをおすとランダムに生成してくれます。また、直接編集で任意のMACアドレスにすることもできます。

補足

インターネットのデータは、IPアドレスだけでなくて、MACアドレスも含まれているんですね。同一マシンかどうかを判断するときに、MACアドレス「も」利用しているサービスもある(みたい)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。