実際に、PC の時計を2099 年12月31日に設定してみた

下手すると PC が起動しなくなります。

その瞬間、Windows は画面を表示したままフリーズしてしまいました。

Windows が 2100 年の時刻を BIOS に書き込んだのが原因なのか?でも OS から定期的に BIOS の時計をいじったりするかね?BIOS が勝手に時刻をインクリメントして、勝手に死んだというのが正しいような気がする。これを証明するには BIOS で時刻を 2099/12/31 23:50:00 にセットして、電源を切って 10 分放置すればよいが、そんなことはしたくない。

BIOS の時刻だけの問題なら、CMOS の初期化をすればいいはず。CMOS の初期化はバックアップ用のボタン電池を外せばいいだけだ。ということで、その日はそれ以上は考えないことにした。
【絶対】PC の時計を 2099 年 12 月 31 日にしてはいけない【ダメ】 - satosystemsの日記

下手すると PC が起動しなくなります。」というのは本当みたいなので、気を付けてください。絶対にやらないほうがよいと思う。

実際に試してみた結果

VMPlayer上で動作するXP、Windows8評価版
とりあえず、固まらない。
XPもWindows8も2100年1月1日になった。

画像は、Windows8ですが、「お使いのコンピュータの日付は、このカレンダーで表示できる範囲外です」となってはいる。カレンダは、2099年で、実際の表示は2100年となっている。

実機のWindows7
2099年12月31日23時59分59秒の表示以降、かたまり(フリーズ)しました。

急いでリセットボタンを押して、再起動させて、BIOSを立ち上げると、BIOSの日付は2005年1月1日となっていた。
そこで、現在日付に戻して、Windows7を立ち上げるともとどおり立ち上がった

実機のWindows7の環境

マザーボードは、ECS H61H2-I2です。
BIOSの設定画面で、日付で2099年12月31日23時59分59秒と設定して1秒たつと2000年1月1日になりました。BIOSは2100年にならないですね。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。