【Windows10】bcdeditでUEFIのブート・エントリを編集する

前知識

UEFIのブート・メニューはコンピュータ内のNVRAM(不揮発性メモリ)に保存されている。
bcdeditでUEFIのブート・エントリの名前を変更する - @IT

今までWindows10が起動しなくなったら困ると思って避けてたんだけど、今回初めて触って知りました。

現在の状態を知る方法

bcdedit /enum firmware

このコマンドでわかります。

bcdedit /enum firmware >1.txt

のように、テキストに保存しておけば、操作に失敗しても元に戻せそうです。

ファームウェアのブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {fwbootmgr}
displayorder            {e4d536f0-0fff-11eb-9029-806e6f6e6963}
                        {bootmgr}
                        {f6413f1f-fac5-11ea-8fdc-806e6f6e6963}
                        {492cbe2f-f33d-11ea-95b0-cc33460c19df}
timeout                 1

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {492cbe31-f33d-11ea-95b0-cc33460c19df}
displayorder            {current}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

ファームウェア アプリケーション (101fffff
--------------------------------
identifier              {492cbe2f-f33d-11ea-95b0-cc33460c19df}
description             UEFI: IP6 Intel(R) 82579LM Gigabit Network Connection

ファームウェア アプリケーション (101fffff
--------------------------------
identifier              {e4d536f0-0fff-11eb-9029-806e6f6e6963}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
path                    \EFI\ubuntu\shimx64.efi
description             ubuntu

ファームウェア アプリケーション (101fffff
--------------------------------
identifier              {f6413f1f-fac5-11ea-8fdc-806e6f6e6963}
description             UEFI: IP4 Intel(R) 82579LM Gigabit Network Connection

「displayorder」は表示順のようですが、一番上のものが標準で起動するようです。UbuntuをUSBメモリーにインストールしたら、この順番が変わって、1つ目がGRUB2(UBUNTU)になってしまいました。

標準でWindows10を起動する設定

bcdedit /set {fwbootmgr} displayorder {bootmgr} /addfirst

参考:UEFI の BCD システム ストアの設定 | Microsoft Docs

{bootmgr}が、WIndowsのブートマネージャのようで文字列も固定のようです。上記コマンドで、元に戻せました。

bcdedit /enum firmware

で、確認すれば変更されたのがわかると思います。

ブート・エントリから削除する方法

bcdedit /delete {e4d536f0-0fff-11eb-9029-806e6f6e6963}

Ubuntuの分を削除する場合は、上記のような感じ。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。