Windows 11 互換性チェックアプリを試す【Kaby Lakeほか】

Windows11 仕様の最小要件

プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM:4 ギガバイト (GB)
ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応
TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
Windows 11 の仕様 - Microsoft

公式の上記が分かりやすい

結果

Windows 11 互換性チェックアプリの結果だけ先に書くと、以下の通り。

Windows11TPM2.0WDDM2.0CPU
ThinkPad E580Core i3-7020U 7世代(Kaby Lake)
レッツノート CF-AX2X(1.2)X(1.3)Core i5-3317U 3世代(Ivy Bridge)
自作PCCore i3 2世代(Sandy Bridge)
Lenovo G560Core i3 1世代

Intel第3世代以前はTPM 2.0に対応していませんということで、Ivy BridgeとかSandy Bridgeは自動的に、無理っていうことになります。

CPUのファームウェアとしても組み込まれており、IntelならHaswell世代およびClover Trail以降の世代に、AMDならMullins/Beema/Carrizo世代で実装されている。
 「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合は、UEFI(BIOS)にて、Intelなら「Intel Platform Trust Technology」(Intel PTT)を、AMDならfTPM(Firmware TPM)を有効(Enabled)にすることで、互換性を確保できる場合がある。
Microsoft、Windows 11互換性チェックプログラムを公開 - PC Watch

Windows 11 互換性チェックアプリ

アプリのインストール

https://aka.ms/GetPCHealthCheckApp
上記をダウンロードして、アプリをインストール後、実行します。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

直リンクが不安な人は、上記の記事の下のほうの「互換性の確認」のところに、同じリンクがあります。

実行結果

ThinkPad E580の結果です。

TPM 2.0のチェック

コマンドプロンプトで、tpm.exe を実行します。

そうすると、上記のようなアプリが立ち上がります。TPM 2.0かどうかは、矢印の部分のバージョンで判明します。

上記画像は、ThinkPad E580の結果です。

DirectX 診断ツール

コマンドプロンプトで、dxdiag.exeを実行します。

上記画像は、レッツノート CF-AX2の結果です。

動画での説明

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。