生まれてくる子が、かわいそう?!

緊急アンケート!安藤美姫選手の出産を支持しますか? | お知らせ - 週刊文春WEB



これがまだ、安藤選手が妊娠する前に「結婚はしたくないけど、出産したいです」とでも表明していて、それに対するアンケートであれば、依然下衆ではあるとはいえまだ許されよう。それは彼女の未来で、彼女にはそうすることもしないことも選べるからだ。

しかし出産はもはや成されたのだ。娘はすでにこの世にいるのだ。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51877738.html


相変わらず、この人の思考をトレースできないんだけど・・・。

404 Blog Not Found:貧乏な社会で子を産むな
我々が責任を持っているのは、我々がいる社会に対してである。そしてその社会が子供に対する責任を全て親に押し付けるというのであれば、親として社会に対して責任を持つ理由がどこにあるのだ。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51877738.html


このあたりは、僕の読み取り方だと、賛同できるんですね。社会が親に何かを要求するのなら、社会も親に対して何らかの責任(義務)が生じるのではないか?ということです。

人は社会のために生きてるわけではないと、僕は思ってはいます。

生まれてくる子が、かわいそう?!

それはともかく、僕が気になるのは、「生まれてくる子供が、かわいそう」系の(一部の)意見なんですね。

僕は、それは、たぶんね、勝手な思い込みで
実は、子供を不幸にしているのは、常識に縛られた人たちのほうかもしれないなと思うわけです。

別に、父親は誰だろうとか
井戸端会議的にゴシップ的に楽しんで?いる分には
まあというところはあるとは思うけど・・・、そういうもんかなとは思います。

ただ、本気で、
子供がかわいそうとか
親として信じられないとか
言い出す人は、

逆に自身の考え方を心配したほうがよいかもと思うわけです。

でも実際は、本気と言っても無責任な本気なわけで・・・。

そういうものも、子供(人)を不幸にしかねないということを忘れるべきではないと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。