キーボードのキー配列を入れ替えるアプリ「KeySwap」を使ってみた 【Windows8.1でも動作した】

使用するアプリ

KeySwap - vector

・設定ツールなので、常駐しない
・原理は、レジストリーのキーのスキャンコードを書き換えている

Windows8.1でも動作しました

使い方


KeySwap.exeを管理者権限で実行してください。


1.キーの割り当てを変更したいものを設定する
 画像の1行目の例だと、本来のINSERTキーをDELETEキーとして機能させるという風に定義します。
 キーは、右側のキーボード(ボタン)で指定します。
 3行目は、PageUpキーを無効にするという定義です。

2.保存で設定を保存する

3.終了ボタンを押す。この時に、「現在の設定を登録しますか?」というメッセージボックスが出てくるので「はい」を選択する

4.ログオフ(サインアウト)かWindowsを再起動させる

これで次回、ログイン時から新しいキーマップの設定が反映されます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。