Google Chrome 「遅くなった」「ホスト名解決が遅い」「ページが表示できない」場合の対応

起こった現象


Chromeの下のほうに、画像のように「ホスト解決しています…」というメッセージが長時間?確認できる場合は、おそらく今回の現象だと思います。

以下のような症状でした。
・Chromeが突然遅くなった(今まで問題なかった)
・ホスト解決してます・・と表示されるのが長い
・ページが表示されない時も多い
・更新ボタンをおすと表示されることが多い
・SSL接続は特に失敗する
・Chromeのリセットでも治らない
・プロキシーの自動検出をOFFにしても治らない
・キャッシュ(履歴)をクリアしても治らない
・ネットで探した方法でもうまく解決できなかった

ネットで色々出ていることをやってみて、治らない場合は試してみてください。あと、Public DNS 「8.8.8.8」にしたらとりあえず治ったとか言う場合も今回のやり方で、もとのDNSを利用できるようになるはずです。

1.WindowのDNSキャッシュをクリアする
2.Chrome 内部のDNSキャッシュをクリアする
3.Chromeを再起動する

この順番でやってみてください。1度でうまくいかない場合は、数回試せばなおるかと思います。おそらく、「Chrome 内部のDNSキャッシュ」が原因だと思われるので・・・。

ちなみに、Windows8.1、Chrome バージョン 35.0.1916.153 mで発生しました。たぶん、OS,バージョン関係ないとはおもいますが、念のため。

実際のやりかた

WindowのDNSキャッシュのクリア

コマンドプロンプトを立ち上げて、「ipconfig /flushdns」と打って、「Enter]キーをおせば、DNSキャッシュがクリアされます。

※管理者権限でなくてもOK

参考:
DNSキャッシュをクリアする方法

Chrome 内部のDNSキャッシュのクリア

Chromeのアドレスバーに、「 chrome://net-internals/#dns 」と入力すると、上記の画面になるので、その中のクリアボタンをおすと、Chrome内部のDNSキャッシュがクリアされます。

情報源:
Chromeだけホスト名でアクセスできなかった の話 - お首が長いのよ

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

『Google Chrome 「遅くなった」「ホスト名解決が遅い」「ページが表示できない」場合の対応』へのコメント

  1. 名前:ぽぽ : 投稿日:2014/10/01 15:31

    何をやっても治らないので、もうChromeを見捨てようかと思っていたところ、この記事をみつけて解決しました!ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。