Chrome拡張機能のパッケージ化のやり方

Chrome ウェブストアで公開されていたものが、なくなってしまって今後どうしましょうか?というのが現状の僕の立ち位置です。現状は、使えてるのですが、ChromeかWindowsを再セットアップした後に使えなくなりそうな気がします。

ということで、今後使えるかどうかはわからないが、現状あるChrome拡張機能のバックアップ&パッケージ化をやってみました。

パッケージ化、バックアップ

Chrome拡張機能のパッケージ化の補足 - SRWare Iron使いの忘備録

上記を参考に行いました。

拡張機能がある場所
C:\Users\kuro\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions

このフォルダにあるので、このフォルダを保存しておけばなんとかなるかもと考えています。
「kuro」は、ログインユーザー名です。

パッケージ化

アドレスバーに「chrome://extensions/」と入力して、デベロッパーモードにチェックを入れます。


今回パッケージ化をしてみたのは、「RSS Live Links 1.9.2.2」です。
デベロッパーモードにしていると、ID部分が表示されます。これがフォルダー名にも使われています。


この拡張機能は、以下のフォルダにあります。
C:\Users\kuro\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\hcamnijgggppihioleoenjmlnakejdph\1.9.2.2_0

「kuro」->ログインユーザー名
「hcamnijgggppihioleoenjmlnakejdph」 ->ID

拡張機能のパッケージ化を選択します。


パッケージしたい拡張機能の場所を指定します。バージョンまで含んだフォルダ名を指定してください。


こんな感じで出来上がります。

今後の為のメモ

Chromeで無効化されたcrxファイルを動かす - ねとめもー
自動で無効化されたGoogle Chrome拡張機能を使用する方法 - うんとかすんとか

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。