Panasonic カットモード「ER-GF80」と「ER5209P」のどちらがお得なのか?!

「耳まわりアタッチメント」は、本当に必要なのか?というのを購入前にいろいろ検索したけどわからなかったので記事にしました。

¥ 3,990 - Panasonic カットモード ER5209P-W
¥ 5,648 - Panasonic カットモード ER-GF80-S

価格は、2015/03/09 Amazon調べです。結構、値段差があるので私自身も悩みました。

同じランクの商品なんですが、旧機種と現行機種という差があります。
大きな差は、アタッチメント1種類が違うという点だけです。

・ナチュラルアタッチメント (ER5209P-W)
・耳まわり&ナチュラルアタッチメント (ER-GF80-S)

ほぼ同じアタッチメントなんだけど、少しだけ改善されているという差があります。
これだけの差で1500円強の価格差があるわけですな。


耳まわり&ナチュラルアタッチメントは実際にはこんな感じで、スライドスイッチで切り替えるという感じになっています。ナチュラルアタッチメントを少し長くなったら、耳まわりアタッチメントになります。

耳まわりは、両機種ではどうやってカットするの?!

カット前の状態で、それほど耳周りが気にならなければ、耳周りをカットする必要がない場合もありそうです。美容院(理容院)でカットして、すこし延命させたいだけとかそういう使い方なら、耳周りカットは必要ないかも。

ER5209P-W 旧機種

ER5209の取説ではこんな感じで書かれてますね。
ただ実際にやったことがないので感じがつかめないのでなんともいえないですけど・・。

取説に書かれている限りは、出来ないことはないとは思います。

ER-GF80-S 現行機種

ER-GF80の方は、耳まわりアタッチメントを使用した方法で書いてあります。

個人的にはものすごく期待した機能なんですが、何回も何回もこの動作をしてやっとできるという感じになります。ただ、セルフカットの場合はこのアタッチメントは便利だと思います。

それ以外に、充電池の部分も少し違うみたい


ニッカド電池 - ER5209P-W 旧機種
ニッケル水素電池 - ER-GF80-S 現行機種

取説

http://dl-ctlg.panasonic.com/jp/manual/er/er5209p_5208p_p_02.pdf
http://dl-ctlg.panasonic.com/jp/manual/er/er_gf80_70.pdf

それぞれ取説がパナソニックのサイトでPDFであります。
上記画像は、取説からの引用です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。