ローストチキン専門店「MAUI MIKE’S」でテイクアウトしてみた【クォーターチキン】

日本ではあまり馴染みのないローストチキンですが、本場ハワイでは定番メニュー。なかでもマウイマイクスのローストチキンは1度食べたら忘れられないほどの美味しさで大好評です。
2013年には、世界中の旅行者に利用されている口コミサイト「トリップアドバイザー」で、「Certificate of Excellence(エクセレンス認証)」を受賞し、“並ぶのが嫌いなことで有名なアメリカ人が行列してまで食べる”とハワイでは話題のお店です。

シンプルな味付けとヘルシーな調理法を信念として、新鮮な日本産鶏肉のみを使用、人工的な添加物も一切使わないというこだわりが凝縮されています。
西日本初上陸のローストチキン専門店「MAUI MIKE'S」の味をご自宅で!クリスマスや年末に“丸ごと1羽の『ローストチキン』”をお持ち帰り|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】


お勧め度:(4点)

全体的な印象としては、素朴な感じで変に強調された味でないところがいいかなぁと思いました。


・クォーターチキン(1/4) ¥690(税込)
 オニオンリング
・マックスフライ ¥250(税込)
------------------------------------
計 940円(税込)

テイクアウトしました。
クォーターチキンを注文すると、「マックスフライ、オニオンリング、コーン、ライス」の4つから1つ好きなものが選べます。

クォーターチキン自体は、ごはんにもあう味だとは思います。


クォーターチキン(1/4)です。2切れになってました。1切れが1/8ということですね。
片方が胸肉っぽい感じでした。もう一方がもも肉っていう感じですね。

場所(部位)によって味が違うというのは、ポイント高いと思います。

ローストということで、さっぱりした感じではありますが、なかなかイケます。皮が美味しいと思います。
肉の感じは、ジューシーとカスカスの間ぐらいだと思いますね。

美味しさの秘密がわからないけど、スパイスも関係しているのかも。

僕はソースをつけずに食べたほうが美味しいと思いますが、つけても美味しいと思います。


オニオンリングは下にあります。

オニオンリングは衣に濃い目の味がついていて、美味しいとは思います。持ち帰っても衣のカラッとした感じは残ってます。
ポテトよりかは、僕はオニオンリングのほうが好きですね。


ソースは、マスタードソースとバーベキューソースを選びました。
奥に映っているのが、マックスフライ(ポテト)です。

ポテトは持ち帰ると、それなりにしんなりしてしまってはいます。
でも、この組み合わせだと、ポテトも食べたいなぁとなるとは思うんですね。

ポテトにも鶏にも、僕はマスタードソースがいいかなぁとは思いました。

僕は酒を飲まないのでわかりませんが、ビールとかにも合いそうな味付けだとは思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。