【OpenShot Video Editor】クロマキー合成を試す

無料動画編集アプリ OpenShot Video Editor v2.4.4で確認しました

クロマキー合成

クロマキー(Chroma key)もしくはクロマキー合成(クロマキーごうせい)はキーイングの一種で、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術。
クロマキー - Wikipedia

実際にやってみる

「エフェクト」=>「クロマーキー(グリーン)」を動画クリップにドラッグ&ドロップします。そうすると、クリップの上端に緑色の(C)という印がつくかと思います。

緑色の(C)をクリック。プロパティーの「キーカラー」をクリックすると、色選択のダイアログが開く。スクリーンの色を取得をクリックして、画面上で透明にしたいところを指定して、色取得して、「OK」ボタンを押す

プロパティーの遊び量を、100ぐらいにする。

今回は1度でうまく行ったが、うまく行かない場合は「やり直す」か、「クロマーキー(グリーン)」を数か所指定するという方法で何とかなるかもしれません。

こんな感じで、動画が合成されます。

操作説明の動画

今回使用した素材

Bus Station
Green Screen
https://pixabay.com/videos/id-17586/

Ferris Wheel
https://pixabay.com/videos/id-27057/

Pixabay License
商用利用無料
帰属表示は必要ありません

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。