DNSの応答が遅くて、ネットが遅い場合の対応【2020/03】

近頃、ネットが遅い気が・・

いまだに、ADSL を利用してるのですが、最近、なんか遅いというか調子が悪い時があります。

いろいろ試してみたところ、どうも遅くなってる時は、DNSの反応が悪い感じがするので、DNSを別のものにしてみることで様子を見てみました。そうすると、一気に状態が良くなったのでこれだと思います。

eAccess ADSLは過去にも、そういう障害?を起こしてたので、可能性としては高そうです。ネットの利用率があがってるとかなんですかね?

使うDNSは、1.1.1.1

1.1.1.1 — the Internet’s Fastest, Privacy-First DNS Resolver

1.1.1.1は、無料のDNSサービスである。このサービスはCloudflareがAPNICと提携して維持・運営を行っている

優先DNSサーバ
1.1.1.1 / 2606:4700:4700::1111 / one.one.one.one
代替DNSサーバ
1.0.0.1 / 2606:4700:4700::1001 / one.one.one.one
1.1.1.1 - Wikipedia

代わりのDNSは好きなところを使えばよいですが、公開されていて使用しても問題ないところ以外を利用するのはやめたほうが良いです。

その他の無料DNS

優先DNSサーバ
8.8.8.8 / 2001:4860:4860::8888 / google-public-dns-a.google.com / 2001:4860:4860::6464
代替DNSサーバ
8.8.4.4 / 2001:4860:4860::8844 / google-public-dns-b.google.com / 2001:4860:4860::64

Google Public DNS - Wikipedia

Google Public DNSとかほかいろいろあります。

原理

対応前

eAccess ADSLの場合
DNSプライマリー  211.14.194.250
DNSセカンダリー  211.14.194.254

標準でこうなっています。プライマリーが応答しない場合は、セカンダリーに問い合わせるみたいな動作になります。DNSの情報は、契約してるプロバイダーの説明とかに書かれてることも多いと思います。また、ルータの接続情報のところを見ても検討がつきます。

対応後

DNSプライマリー  211.14.194.254
DNSセカンダリー  1.1.1.1

こんな感じに変更します。標準のプロバイダーのDNSの応答がない場合は、1.1.1.1に問い合わせに行くので、何か問題があった場合でも1.1.1.1が生きてれば問題なくネットで、名前解決ができます。

BUFFALOのルータでの方法

接続情報の確認

接続情報のところで、プロバイダーが自動で割り当ててるDNSのIPアドレスがわかるかと思います。画像は対策後なので、手動で設定した値になっています。

DNSの設定

通常は何も設定しないで自動になってると思います。今回は、手動でDNSを設定します。ここで設定したDNSが、このルータに接続してるパソコン、スマホで自動的に使われるようになります。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。