Mac mini (2007):ブート可能なUbuntuインストールUSBメモリーを作成する

実際は、Mac mini(2007)でなくて、Core2Duoに換装したMac mini (Early 2006) です。

ISOファイルは変換が必要

Mac mini (2007)でブート可能なUbuntuインストールDVD(ISO)を作成する
実際は、Mac mini(2007)でなくて、Core2Duoに換装したMac mini (Early 2006) です。rEFIt参考・Linux DVD images (and

EFI(32bit)であるMac mini(2006,2007)の場合は、インストールISOファイルの変換が必要です。上記記事に従って変換してください。

ISOファイルをUSBに書きこむ

Rufus - The Official Website (Download, New Releases)

上記から、Rufus 3.9 をダウンロードしてきて利用します。Windowsアプリです。

・パーテーション構成: MBR
・ターゲットシステム: BIOSまたはUFEI
・ファイルシステム: FAT32

上記指定で作成してください。通常の場合と少し違うので気を付けてください。

このメッセージがでますが、「OK」で作成してください。「MBR」を選んだ場合だけ、このメッセージがでてきます。USBブート起動時にsyslinuxを使用するようです。

ISOイメージモードで書きこみます。

スポンサーリンク
タグ#Mac
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。