【Python】 Windows タスクスケジューラに登録して、スクリプトの自動実行

タスクの作成

タスクスケジューラを立ち上げて、タスクの作成から作成します。「基本タスクの作成」のほうを選ぶとウイザード形式で作成ができます。

トリガー =>実行のタイミングを指定する
操作 => 実行ファイルやスクリプトを指定する

こんな感じで指定して、作成します。

(操作)スクリプトの指定

(1)
C:\Users\kuro\AppData\Local\Programs\Python\Python38-32\pythonw.exe
又は
C:\Users\kuro\AppData\Local\Programs\Python\Python38-32\python.exe

「pythonw.exe」と「python.exe」の違いは、コマンドプロンプト(コンソール画面)が表示されるかどうかの違い

※kuroの部分は、ログインユーザー名
※AppDataは隠しフォルダ
(2)
ここに、作成したスクリプトファイルを指定
(3)
ここに、作成したスクリプトのフォルダを指定

(トリガー)起動時間の指定

GUI画面で簡単に設定できます。直近の時間を指定して、動作確認をした後で、本来の時間を指定すればよいかも

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。