神様になった日 10話を見てみた

https://kamisama-day.jp/
神様になった日 - Wikipedia

このアニメ、毎回でないですが、時々見てたんですね。悪くはないけど、微妙なアニメだなぁと思いつつ。

で、1週間前に10話を見たときに、このアニメ良いかもと思いました。この回がよいというのもあるけど、今までの冗長(じょうちょう)な感じが無意味なものでなかったというか、こういうつながりがあったのだと・・。

世界観、物語的にも好きかな

・量子コンピュータ
・ロゴス症候群(アニメ内で存在する病気)
・サイバー空間イメージ?!

とかそのあたり

・最後シーンあたりで、成神陽太の信念・こころが砕けそうなところ

あと、このあたりとかも、結構好き。

で、最終話にむけて、どうまとめるんでしょうね。

・世界の終焉
・自身の未来が見えない

の錯誤あたりも、よくできてるよねと思った。

追記

第一話降臨の日
第二話調べの日前半だけ
第三話天使が堕ちる日
第四話闘牌の日
第五話大魔法の日
第六話祭の日
第七話映画撮影の日
第八話海を見にいく日
第九話神殺しの日後半だけ
第十話過ぎ去る日
第十一話遊戯の日
第十二話きみが選ぶ日

第十話を見たときは、上記のような感じで、見てない回が結構ありました。

まあ、結局、すべて見ました。すべて見た感じだと、「第五話|大魔法の日」とかは結構好きかも。

第十二話 きみが選ぶ日

メモ

悪くない終わり方だったし、まあ、1年後に見たらすごく良い終わり方に思えるとは思う。
でも、今の僕は、納得できない終わり方。

脳内チップを取り除いた「ひな」は、前と同一人格なのか?って言う疑問が・・・。認知症でも、脳内機能の一部が停止?してしまったら、同一人格なのか?ってことですよね。

その人の過去の言動が確かに人格を作って言ってるけど、でも、逆に「その人と過ごした過去の記憶」で補完して、同一人格でないものを同一人格化してるのでは?という疑念が・・。

アニメなんだから、奇跡ぐらい起こってもよさそうなのにと思わなくはない。

まあ、この程度でも、十分、奇跡であるとは思う。通常は、こんな短期間に外部刺激が最適だとしても、変化しない気が・・。

メモ

・映画の最後のメイキング映像
この部分は、非常に良かったと思う。
でも、「第五話 大魔法の日」と被る感じで、残念な感じ。

・ひなのお爺さんみたいな 立派な研究者になりたい
これ、僕嫌い。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。