ポータブル版Java「jPortable」を使ってみる

ポータブル版Java

USBメモリーに入れて持ち運べる用途としてあるようですが、普通にHDDにいれて使うこともできます。通常のJavaと違って、インストールしてWindows環境を汚す(レジストリ、インストール情報、その他)ことがないという点です。

個人的には、Javaをンストールしたくないというのもあります。でも、jarファイルを実行したいときに、この手のアプリを使うと便利かなぁと思います。

jPortable

jPortable (portable Java® runtime environment)
https://portableapps.com/apps/utilities/java_portable
jPortable_8_Update_261_online.paf.exe

jPortable Launcher
https://portableapps.com/apps/utilities/java_portable_launcher
JavaPortableLauncher_5.0.paf.exe

前者がJava実行環境(JRE)、後者がランチャーです。

jPortableの構築

jPortable

jPortable_8_Update_261_online.paf.exeを起動

I:\jPortable\CommonFiles\Java

標準で起動フォルダ下の\CommonFiles\Javaになってるので、そのままインストールします。

Webインストーラのようで、インストール中にjava?等をダウンロードしてきます。

jPortable Launcher

JavaPortableLauncher_5.0.paf.exeを起動

I:\jPortable\JavaPortableLauncher

標準で起動フォルダ下のJavaPortableLauncherフォルダになるので、そのままインストールします。

jarファイルを起動して、動作させてみる

micropolis (simcity)

https://github.com/Bengrs/micropolis/releases
micropolisj-build-1.7.zip

上記からダウンロードして、zipファイルを展開してください。「micropolisj.jar」が本体です。

実行

micropolisj.jarを、I:\jPortableにコピー

JavaPortableLauncher.exeを起動すると、ファイル選択ダイアログがでてくるので、micropolisj.jarを選択

そうすると、jarファイルが起動できます。昔、懐かしのSIM CITYですね。

アンインストールの方法

I:\jPortableフォルダを削除するだけです。

動画での説明

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。