XAMPP PortableでWeb開発環境を作る

XAMPP Portable

ポータブル版だと、Windows環境を汚さないというか、独立性が高いので、個人的には好きです。必要なくなったらフォルダごと削除するだけでOKですしね。

・レジストリー登録
・サービス登録
・ファイルが散らばる

とかが、ないと思う。

たぶん、環境構築も簡単だと思う。

XAMPP Portableの入手

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

「ダウロード」リンクから入手します

「その他のダウンロード」をクリック

Home / XAMPP Windows / 7.4.14 を選択。数字の部分は、PHPのバージョンのようです。

ポータル版を今回使いますので「portable」とついてることも確認してください。

今回、ダウンロードしたファイルは「xampp-portable-windows-x64-7.4.14-0-VC15.zip」です。

XAMPP Portableの配置

zipファイルを展開して、その中の「xampp」フォルダを好きなところにコピーしてください。今回は。I:\appフォルダにコピーしました。

XAMPP Portableのセットアップ

xamppフォルダー内はこんな感じになっています。

setup_xampp.bat:セットアップ用
xampp-control.exe:XAMPP コントロールパネル

setup_xampp.batを実行してください。これで、XAMPP Portableのセットアップは終了です。

XAMPP コントロールパネルの起動

xampp-control.exeをダブルクリックで、コントロールパネル(管理画面)が立ち上がります。

Apache(Webサーバー)、MySQL(DBサーバー)を起動します。

動作確認

http://localhost/dashboard/
上記をブラウザで開く

表示されたらWebサーバーが動作しています。

・メニューのPHPInfoをクリック

表示されれば、PHPが動作しています

・メニューのphpMyAdminをクリック

表示されれば、MySQL(DB)が動作しています

パスワードの変更

個人的には、ローカルの開発環境なので、パスワードなし運用でも問題ないと思います。

初期状態では、MySQLのroot、pmaのパスワードが「なし」になっています。勉強もかねて、パスワードを設定してみることにしました。

MySQLのパスワード

phpMyAdminでやるほうが簡単なので、phpMyAdminで変更しました。root@localは、一番最後にパスワード変更してください。

パスワードを設定したいユーザーの「特権を編集」をクリックします。

「パスワードを変更する」でパスワード変更画面になるので、その画面でパスワードを入力します

phpAdminのパスワード

I:\app\xampp\phpMyAdminのconfig.inc.phpを修正

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';

この部分と、パスワードの2か所を変更してください

WordPrssのインストール

Web開発といえば、WordPressが多い感じなので、WordPrssをインストールしてみます

WordPrss用のデータベースを作成

phpMyAdminで、wordpress用にユーザーを作成します。

ユーザーを作成するときに、「同名のデータベースを作成してすべての特権を与える」にチェックをつけると、同名のデータベースを作成してくれます。

WordPrssのインストール

I:\app\xampp\htdocsの一部のファイルを削除か、どこかに退避する。

I:\app\xampp\htdocs直下に、Wordpress本体をコピーする

http://localhost/ をブラウザで開くと、Wordpressセットアップ画面になるので、通常通りインストールする。

動画での説明

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。