【Windows11】USB-FDDの動作確認をしてみる【FDドライブ】

Amazon:BUFFALO FD-USB(USB接続3.5インチフロッピーディスクドライブ)

Windows11でUSB-FDD(BUFFALO FD-USB)の動作確認をしてみました。BUFFALO FD-USBの内部はSONYの3モードFDDです。ただしロットによって内蔵されてるFDDが違う可能性はあります。

動作確認のまとめ

USBに接続するだけで自動認識して、Aドライブが出現しました。

読み書き 1.44MB 2HD
読み書き 1.2MB 2HD
フォーマット 1.44MB 2HD Windows標準
フォーマット 1.2MB 2HD別途ツール必要
FDイメージ化RawWrite for Windows

少し試した限りでは、問題なく動作してる感じなんですね。

「1.2MB 2HD」というのは、NECのPC98等で使われていたFDのフォーマット形式です。3モードなので読み書きもできました。FD(1.2MB 2HD)のフォーマットに関して、別途ツールを使うことで可能でした。

フォーマット 1.2MB 2HD

ツールの入手

Garbage for FreeDOS
http://bauxite.sakura.ne.jp/software/dos/freedos.htm

上記から、

[おまけ] フロッピーディスクを 1.2M (2HD) でフォーマットするツール(Windows用):format2hd-wip-20191025-bin.zip
を入手してください。

フォーマットする

format2hd a: /f:2hd

管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げて、上記のコマンドを実行することでフォーマットできました。64bit版のほうを使用しました。

FDイメージ化

RawWrite for Windows
http://www.chrysocome.net/rawwrite

FDの中身をイメージ化するツールなんですけど、すんなり動作しました。

ただし、1度実行すると、FD関係のプロセスを握ったままになるようで、再度実行するとエラーになります。USBからUSB-FDDを抜いて、USBにさしなおすとなおります。

動画での説明

動作検証した動画です。

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。