魔法少女まどか☆マギカ - 人のために何かできると思うのは錯覚かもしれない



コミックのほうが僕には読みやすかったです。コミックで流し読みしてからTVの録画を見たらすんなり入っていけました。屍鬼と同じで最初のとっつきにくさがあるように思います。これも最初はあまり見る気がしなかったんですがネットで少し話題になってるのをみてみてみることにしました。

今回は、この人のレビューを見て参考にしてます。
テーマ「魔法少女まどか☆マギカ」のブログ記事 (総てはオレンジの為に)
ネタバレでも平気な人は見てください。私はネタバレでも平気で、そういうのをみて予習してから?見るときもあります。

今のところ、夢も希望も救いもなさそうなんですが、これからどうなっていくんでしょう。ストーリーはまあまあ楽しめると思います。ただ、精神的余裕のないときに見ないほうがよいかもしれません。また変に感化しても大変かも。

ひとついえるのは、見た目は大事だということ。キュゥべえはやってることは、ほぼ悪魔といえる感じだけど、見た目がかわいいければ悪魔だと思う人は少ないと思う。

以下を見ると、最新話はネットでも配信してるそうな。
http://www.madoka-magica.com/story/

追記:2011/05/03
11話、最終回をみましたが、よくできた最終回だったと思います。予想の範囲を超えてました。絶望も希望でもなくて、「祈り」という感じですかね。
魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女と魔女の因果を解きほぐす(128way - マビノギ雑記)

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。