HDDを分解してみた&HDD復旧方法の都市伝説

HDDを分解してみました



HDD復旧方法の都市伝説

※書いてる内容がわからない人は何もしないほうがよいです。
※私は責任取れません。

HDDが故障してデータが読めなくなったが、業者に頼むのは高すぎる。
ダメもとで何かできることがないか?という場合。
もちろん、論理的に壊れてるとかでなくて、物理的に壊れてる場合。

1.HDDを縦方向に振る
まずは、電源を入れない状態で試してみる
ダメなら、電源をいれて試してみる

HDDのヘッドが吸着しているとかその手の場合はこれで何とか読めるようになることがあります。
数十年も昔から言われてる方法です。
もちろん、読めるようになったら、急いでデータを読み出す。

私も何度か成功したことはありました。

2.HDDを分解して、ヘッドの吸着を何とかする
私は1度だけうまくいったことがあります。ほこりとか入るとだめかなと思ったのですが、なんとかデータを取り出すことが出来ました。

3.冷蔵庫に入れる、フリーザーに入れる

  ハードディスクの障害とその解決法について、ネットで「冷蔵庫に入れる」、さらに「フリーザに入れて、一晩置く」なんて書いてあるのを見たことはありませんか? これもある意味、ドライブを復活させる可能性があるんです。
【コラム】データ復旧相談所~過信は禁物!? 正しい知識で資産を守ろう!~ (4) データ破損・消失を防ぐには | 経営 | マイコミジャーナル

これは初めて知ったのですが、この記事を読む限りではやってみる価値はあるかもと思います。


HDDデータがなくなっても

HDDのデータがなくなっても、普通の人は生きてはいけます。私も過去何度か大事だと思うデータをなくしましたが、立ち直りました。いくら大事なデータでも、業者に数万、数十万も払えません。

HDDはどんなに気を付けていても3年?とかその程度で新しいものに変えたほうがよさそうです。

※仕事(ビジネス)ではそうはいかないと思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。