寒山寺の鐘の音 【蘇州,中国】


寒山寺では、毎年大晦日には除夜の鐘が鳴らされることになっており、その鐘の音を聴くと10歳若返ると言われており、こんにちでは誰が撞き手の一番手となるかをせりにかける行事が恒例となっている。除夜の鐘を聞きながら新年を迎える行事は、1979年に藤尾昭が発起人となって始まった[8]。以後、12月31日には日本ばかりでなく、韓国をはじめとする各国の観光客や中国人も大勢参加するようになった。
寒山寺(Wikipedia)

楓橋夜泊 張継

月落ち烏啼いて霜天に満つ  
江楓漁火愁眠に対す
姑蘇城外の寒山寺
夜半の鐘声客船に到る

数年前の12月末ごろに行った時の写真と動画です。
来年が皆様にとって良い年でありますように

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。