Windows7の「XPモード」をVMware Playerで利用する 【ユニティ】

※XPモードを使用するには、Windows 7のProfessional、Enterprise、Ultimateである必要があります。 別途XPをお持ちの方は、VMware Playerにインストールしてユニティで利用してもXPモード利用とほぼ同じです。

ポイント

VMware Player ver4の場合は、「VMware Playerのこの機能を使用するには、VMware vCenter Converter Standalone製品が必要になります。」と出てきます。無料のVMware vCenter Converter Standaloneを「クライアントサーバ」(重要)でインストールする必要があります。

これは事前にインストールすることも可能です。

必要なファイルとダウンロード先

すべて無料。

■VMware Player ver.4
http://downloads.vmware.com/d/info/desktop_end_user_computing/vmware_player/4_0

■VMware vCenter Converter Standalone 5.0
http://downloads.vmware.com/d/info/infrastructure_operations_management/vmware_vcenter_converter_standalone/5_0

■Windows XP Mode および Windows Virtual PC
http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx


インストールと設定の仕方

※ソフトのインストール(1、2,3)の順番はどんな順番でも問題ありません。

1.XPモードのインストール
1つめのXPモードというのだけでOK。ほかは必要ない。

2.VMware vCenter Converter Standalone のインストール
クライアントサーバを選択

3.VMware Player のインストール

4.VMware Player へXPモード仮想マシンのインポート

この後は、VMware Player の普通の使い方と同じです。XPモード仮想マシンができるのでそれを起動させてXPのセットアップを完了してください。VMware Toolsもインストールをしてください。


Windows 7上でシームレスに

Windows7の「XPモード」はシームレスに動作させることが可能ですが、実はVMware Playerでも可能です。ユニティという機能で可能です。VMware PlayerでXPを動作させてから、メニューバーの「仮想マシン」->「ユニティに切り替え」を選択します。

「スタート(田)」にマウスカーソルを合わせると、上の方に「Windows XP Mode」と言うものが現れます。ここから、XP側のスタートメニューをたどれて、アプリケーションを起動することができます。

画像のように、XPモードのアプリケーションも、Windows7上のデスクトップにほかのWindows7アプリのように表示して動作させることが可能です。本来のXPモードよりも、VMware Playerの方が制限が少ないので使い勝手もこっちの方がよいと思います。

VMware Playerのユニティ機能はXPだけでなくて仮想マシンがUbuntuでも利用可能です。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。