睡眠記録アプリ「ぐっすり~ニャ」で睡眠リズムを記録してみた

[PR by ブログタイムズ]

睡眠リズムの記録は健康に役立つこともある

私の知識と調べた範囲では、不眠症の人やうつ症状を抱える人(の一部?)が毎日の睡眠時間の記録をとっているようです。あと、中途覚醒の回数とか床についてから実際に入眠する時間などです。

記録する表はPDFやEXCEL形式でネットでも出回っています。
いろいろありますが、ほとんどは形式は同じです。また、記録のコツ?なども書かれてるので興味ある方はどうぞ。

・睡眠日誌(PDF) -独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院

健康なときの睡眠パターンなどを記録に残しておくことも大切だと思うし、また直近の睡眠リズムから自分自身の体調を知ることも可能なのでは?と思います。


睡眠記録アプリ「ぐっすり~ニャ」

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, エンターテインメント
販売元:エスエス製薬株式会社

このアプリですが、睡眠改善薬『ドリエル』を販売するエスエス製薬株式会社が、2012年3月23日(金)の”不眠の日”に配信を開始したiPhone専用の無料アプリで、睡眠改善のサポートを目的として、杏林大学医学部精神神経科学教室教授、 古賀良彦先生監修のもとに開発されたものらしいです。

睡眠記録アプリ ぐっすり~ニャ|睡眠改善薬 ドリエル 【エスエス製薬】(公式サイト)
http://www.ssp.co.jp/drewell/gussuri/

そういう背景はともかく、結構お手軽に記録できます。朝起きたときに起床時間をメモするというのは、忙しくておまけにボーとしている状態では忘れがちになったりしかねませんが、このアプリなら大丈夫かも。

数日間つかってみて

1.1日2回まで睡眠時間を記録することができる。
仮眠とか昼寝とかも記録できるわけですね。
2.睡眠記録のデータは、後から削除することも可能
3.iPhone内蔵の加速度センサーを使用した睡眠グラフ機能を使わなくても十分実用的
4.眠りに入る前に流れる標準のBGMが心地よい
知らなかったのだが、これはドリエルCMソングらしい・・・・


こんな感じ

■眠る前に
寝る前に、アプリを立ち上げて「寝る」ボタンを押して、iPhoneを枕元においておくだけです。起床時間を設定してその時間にBGMを流すことも可能です。もちろん設定しないことも可能です。

■起床したときに
目が覚めたら、「起きる」ボタンをスライドさせます。このときに、目覚めの気分が出てきますのでそのときの気分を選びます。

■睡眠の深さをグラフ化
このアプリのすごいところが、iPhone内蔵の加速度センサーを利用して睡眠をグラフ化してくれるところなんですね。アプリ内に画像のように、よい睡眠のサンプル例などが掲載されているので、それと比較することによって睡眠の質の目安をつけれるようです。

また、毎日の睡眠時間も記録していますので、それをグラフ化して表示することもできます。

■お楽しみ
アイテムをいろいろ獲得できて、レオニャルド・フミンチ(猫君)をかわいくすることもできますよ。アイテムで猫君の衣装?を変更できるので、毎日気分が変わって使い続けやすい気がしました。

[PR by ブログタイムズ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。