割れたプラスチックのド素人の修繕方法

追記:2014/05/04
造形補修剤を使う方法もあります。
プラスティックの欠けた部分を素人でも簡単に補修する方法

あくまで、ど素人の修繕方法です。
写真は、冷蔵庫の棚の部分のプラッチックです。左右あるので、割れた部分とそうでない部分の写真です。

プラッチック系を瞬間接着剤で貼り付けても、結局、力がかかるとすぐにダメになってしまうので、結束バンドを使用して強化するという方法をとります。そうすると、力が接合面にかかりにくくなるので、実用的な範囲で使用できるようになるという感じですね。

・穴をあけることで固定できる
・結束バンドが構造的に邪魔にならない

とかある程度の条件を満たす場合のみ使える方法だと思います。

必要なもの
・アロンアルファ ハイスピードEX
・ナイロン結束バンド
・ドライバー

ナイロン結束バンドは、100円ショップやホームセンターなどで販売されています。
写真のドライバーは、100円ショップで購入したものです。

やり方
1.ガスコンロでの火でドライバーの先をあぶる
2.プラッチックに結束バンドが通る穴をあける
3.軽く、結束バンドを通す
4.瞬間接着剤で接合する
5.結束バンドを締める

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。