「ナノゲージ ストラクチャーベース」をつくってみる

ナノゲージ


■価格:2500円+税
■商品詳細
nanoGaugeレイアウト用の情景セットです。
大型プレート6枚が入り、道路や信号機水辺や農地など、様々な景色を自由にレイアウト出来ます。
■組み立て説明書付き。
ナノゲージ 情景  ストラクチャーベース|nanoblock


nanoblockの「ナノゲージ ストラクチャーベース」ですが、「ナノブロック アンバサダーモニター第1弾: 体験モニタープログラム|nanoblock」のモニター商品の3つの中の1つです。「0系新幹線車両」「ナノゲージ 情景 ビルセット」は前記事で組み立てました。

「0系新幹線車両」の難易度3
「ナノゲージ 情景 ビルセット」の難易度2
で、これは難易度1になっています。


完成したのはこんな感じです。
取説通りのレイアウトで作りました。道路とかは簡単にレイアウト変更できるので、いろいろ作れそうな感じですね。

組み立て時間は、1時間から1時間半かかりました。
細かい作業になるので、小物を作るのが、意外と時間がかかる感じですね。

ナノブロック


ブロックはこれだけあります。


説明書通り作ると、これだけ余ります。これで、小物を追加することができそうです。
あと、透明のブロックがあって、これは、それぞれのベースを接続するのに使うようです。

組み立ての説明書


ナノゲージ ストラクチャーベースの組み立て


道路をつくります。
説明書通りなら、この通りですが、レイアウトに合わせて変更もできますし、またブロックも多めについてきてます。


小物関係を作ります。これは説明書通りの数と種類作りました。
またブロックは余っているので、あまったブロックでほかいろいろ作れそうでした。


小物を配置して、レイアウトしてかものがこんな感じです。

ナノゲージ ストラクチャーベース



ブロックらしい楽しみと、
小物を作っているときに、子供の頃にブロックで遊んで、想像力でいろいろ補完していたのを思い出しました。

補完すると、それらしく見えてくるので、不思議です。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。