「ナノブロック アンバサダーモニター第1弾: 体験モニター」で組み立てたもの

使ってみた

体験モニター


箱に入ってるのですが、組み立てた後に、一部だけ分解してこの中にいれて、本棚などに入れておくということも可能だと思います。ずーっと飾っているわけにもいかないので、実際、そうしました。

モニター商品

ナノブロック アンバサダーモニター第1弾: 体験モニタープログラム|nanoblock

・0系新幹線車両 :難易度3 製作1時間30分
・ナノゲージ 情景 ビルセット :難易度2 製作1時間30分
・ナノゲージ ストラクチャーベース :難易度1 製作1時間30分

実際に組み立てた記事

nanoblockの「0系新幹線車両」を作ってみる
「ナノゲージ 情景 ビルセット」を組み立ててみる 【ナノブロック】
「ナノゲージ ストラクチャーベース」をつくってみる

ナノゲージ、ナノブロックについて

ナノゲージ

Nゲージと同じ規格で、電車などを動かせるようになってるんですが、
・ナノゲージ用 台車ユニット(2個入り)
・ナノゲージ用 モーターユニット
・ナノゲージ用 レールセット
と別キットをそろえないと、ダメなんですね。
ということで今回は、そこまでは試せていないです。

ナノブロック

ブロックの楽しみは、そのままに、サイズが小さくなった感じだと個人的には思います。
完成品がコンパクトなので、飾るにしても便利なんですが、
組み立てとか、紛失時に探す時とかは、小さいことのデメリットがあります。

それでも、ブロック本来の楽しみを、お手軽に味わえると思います。

全てを使って、レイアウトしてみた



新幹線の下には、レールの代わりに、革のベルトを便宜上引いてみました。
やっぱり、うごかしてみたいなぁ・・・・。
スポンサーリンク